家族には当たり散らすくせに、外面はいい父

これは、少しずつ間違い続けた、私たち「家族」の物語ーー。幼かったより子は成長し、高校生になった。友人たちが、東京で進学するか地元に残るかを決めていくなか、より子は……。「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・あべぴよりさんの半生を描いたエッセイです。(隔週木曜更新)

※前回のお話はこちらから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
母が死んだら、困る。

あべぴより

これは、少しずつ間違い続けた、わたしたち「家族」の物語ーー。今から24年前、青森県で暮らしていた少女・より子は、優しくてあったかい、おばあちゃんの家で過ごす時間が大好きだった。だけど、家に帰ると……。「cakesクリエイターコンテスト...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fumigura そこに空は見えるのになんか苦しいあの感じ。すごいわかるが淡々と描かれていて辛いけど好きな話です 2年弱前 replyretweetfavorite

namatsuchiya001 毎週読むのが辛い。。。(褒め言葉です。)、、、 2年弱前 replyretweetfavorite

doguco 青森出身の漫画家、あべぴよりさんです☆(●´ω`●) 2年弱前 replyretweetfavorite

paultaskart 「〜じゃ」はうちのばあちゃん(生粋の岩手民)も言っている気がするなぁ。 毎回続きが気になってしまって上手いなぁ… 2年弱前 replyretweetfavorite