​あなたの本質はどこにあるのか?

なりたい職業や向いてる仕事、働くことについての悩みは尽きません。渋谷で20年以上バーを経営してきた林伸次さんは、自分の本質はバーテンダーではないと言います。だからこそ活きてくることがあるのだとか。それは一体どういうことでしょうか?

飲食にしか興味がない料理人が開いたレストランはうまくいかない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕のバーテンダーの師匠は中村悌二さんという人でして、今では飲食店プロデューサーとしてすごく有名なんですね。これを読んでいる人で一ヶ月に1、2回は単価5000円以上の飲食店で飲むことがあるという人は、必ず中村さんが関わったお店に知らず知らずのうちに入っているはずです。

そんな中村さんと2年間毎日一緒に働いて、色んなことを教わったのですが、今でもたまに「あ、そう言えば中村さんがこんなことを言ってたな。やっと今になって意味がわかった」なんてことがあります。

先日も妻と歩いているときに「日舞教室」という看板を見つけて、「そういえば中村さんもお茶とお花に通っていたんだよね。中村さんあのとき、34歳だったはず。中村さん、『伸次、和を学んでおいた方が良いよ』ってよく言ってたけど、若いのによくそんなこと気づくよね」なんて話してたんです。

そしたら妻が「中村さんは根がアパレルの人だから、そういう発想ができるんだろうね」なんて言うんです。そうなんです。中村さん、最初は某アパレルで活躍した人でして、その後、飲食業界に転身してきたんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eminem0710 これめっちゃわかる。自分の本質を把握してそれとは全然違うジャンルを職業にすると割と楽に機能すると思う。 ​ あなたの本質はどこにあるのか?|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

chang_tam あなたの本質はどこにあるのか?|林伸次 @bar_bossa | 2ヶ月前 replyretweetfavorite

ksw_ngn 「本質」の職業につくのが正解か。本質を把握して、あえて違う職種で発揮する話。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi あなたの本質はどこにあるのか?|林伸次 @bar_bossa | 2ヶ月前 replyretweetfavorite