第5回】 日本に第7次ブーム到来 高品質の中低価格品が牽引

日本にワインブームが到来している。高級品の売れ行きは停滞しているが、1000円未満の低価格品は好調だ。品質も向上しており、ワイン文化が根付いてきたといえそうだ。

 「お酒の消費量が漸減している中でワインは堅調に成長している。第7次ブームといえる状況だ」
 村瀬勝彦・サントリーワインインターナショナル企画管理本部部長は手応えを感じている。

 ワインに含まれているポリフェノールが健康によいとして、赤ワインブームが巻き起こった1998年。第6次ブームといわれたが、下図のようにブームはわずか1年で過ぎ去った。

 風向きが変わったのは2008年頃だ。ワインバー、スペインバルなど、カウンター席や立ち飲みで気軽にワインを楽しめる店が急増。そこで提供されたのが図でもわかる通り、1000円未満の低価格品を中心とした、チリ産、スペイン産のワインだ。「品質は昔に比べて相当向上している。フレッシュでフルーティな飲みやすいワインが多く、産地への安心感が強まった」(村瀬氏)という。お店でおいしいワインの味を覚えた人々は、家でも飲むようになり、低価格品市場は2桁成長を続けているという。

 実際、メルシャンの低価格品も好調だ。3月に発売した「メルシャン エブリィ」の実勢小売価格は570円。「発売からわずか3週間で約3万ケースを販売した。年間計画の3割に当たる数字だ」(メルシャン)という。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ワインブーム 【2】~光と影~

週刊ダイヤモンド

世界がワインブームに沸いている。高級ワインの価格が、数年でかなり高騰しているというのは前回お伝えした通りだが、一方、1本500円に満たなくても品質のよいワインが世界中を大量に駆け巡るようになり、日本でも人気を博している。引き続きブーム...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません