イッテQ!』が「感じの良さ」で許される

『週刊文春』で報じられた、人気番組『世界の果てまでイッテQ!』のヤラせ問題。常に高視聴率を叩き出し、老若男女から好かれ、近年最も人気の高いバラエティ番組と言っても過言ではありません。擁護の声も多く聞かれ、なんとなくなし崩し的に収束しそうな雰囲気さえあります。果たしてそれでいいのでしょうか? 『イッテQ!』問題を武田砂鉄さんが考えます。

「番組が用意したのは素敵なお家と素敵な車だけ」

「番組が用意したのは素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません」というアナウンスで始まる『テラスハウス』について、私から「本当にそうかな?」に始まる5分程度の熱弁を聞かされた友人の反応は、大抵が「そんなことわかった上で楽しんでいるから」である。なんでオマエがスタジオで見守る芸能人サイドなのか、と苛立ちながら立ち去るのだが、テレビが最優先されるエンタメではなくなり、「あっ、テレビ、家にないんだよね」という吐露が、不可思議なことに、なにかこう、もろもろ卓越している感じすら醸し出す昨今、テレビに対して、熱狂より冷静な声が吐き出されるようになった。

番組が用意したのは素敵なお家と素敵な車だけではないことは織り込み済みなのに、他に何を用意したのかを探求するなんて野暮だとする。他に何を用意していると思うか、と問うても、そういう問題じゃない、という。そういう問題じゃないのだろうか。ちなみにあの番組に登場する若者たちの定義は、「“どこにでもいそう”だけど“手の届かない”男女6人」だそうである。「手が届く・届かない」という基準で人を判別したことがないのでしっくりこないのだが、みなさん、しっくりきているのだろうか。

「あ、現地の人が」という逃げ道

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で放送されたラオスの「橋祭り」が、現地に根付いていた祭りではなく、番組の要請によってでっちあげられた、急造の祭りだったと『週刊文春』が報じた。回転する大きな玉を避けながら自転車で細い板の上をわたる企画に参加した現地の子供たちには、協力費が支払われたという。そのことは現地のコーディネーターも認めている。興味深いのは、新聞の取り上げ方(10日・朝日新聞)で、「ネットの反応」を引っ張るのは毎度のことだが、「バラエティーなんてヤラセなのは前提では」「面白ければヤラセでもいい」「織り込み済みで楽しんでいるのでは」と、擁護する声を多めに引っ張っているのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sumou_zanmai 日テレのバラエティーが大嫌いなのは、すべて予定調和だからだ。その予定調和が行きつくとこまでいくと、… https://t.co/uJ5mlPdjp4 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Goranshin2015 「それが本当に行われてきたことかって、重要なことではないのだろうか」 誰にとって、だよなぁ。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

bluevitriol4 感じが良ければ無罪、みたいなのはどこにでも何にでもあると思う 裏を返せば「感じの良さで騙せるような『考えない人』が増えた」ことでもあるんじゃないかな https://t.co/SZryXXHEPL 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Sugaya03 安物のアメリカンドッグみたいなコラムだ。せっかくかぶりついたのに、肝心のソーセージの味がしない。 10ヶ月前 replyretweetfavorite