第4回】 年利40%超のリターンも実現! 高級ワイン投資の世界を味わう

ワイン投資は好調だ。今後の価格動向はそれこそ「水もの」だが、値下がりした場合は、飲んで忘れてしまうという選択肢もある。ワイン好きなら一考したい。

 日本ではまだなじみは薄いが、ワイン投資はヨーロッパで親しまれている投資方法だ。

 「ユーロベースでは、運用中のすべてのファンドで目標利回りの年利7%程度を上回っている」
 ワイン投資ファンドを運用するヴァンネットの北田初雪社長は自信を持って話す。


    同ファンドは、日本に居ながらボルドー5大シャトーをはじめとした高級ワインに投資するもので、出資金は主に樽熟成期間中に売り出されるプリムールに投資される。その運用成績は表のように負けなしだ。運用期間は7年程度で、値上がりが見込めない銘柄は、入れ替えてリターンを高めている。投資金額は300万円から。ファンド運用期間終了時は換金して投資家に渡す。中途解約も可能だ。

 

 ワイン投資の特徴は、「株式や為替との相関性が低く、長期での投資に適している」(北田氏)点にある。毎年熟成され、また消費されて希少価値が上がることで、価格が上昇していくのだという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

ワインブーム 【2】~光と影~

週刊ダイヤモンド

世界がワインブームに沸いている。高級ワインの価格が、数年でかなり高騰しているというのは前回お伝えした通りだが、一方、1本500円に満たなくても品質のよいワインが世界中を大量に駆け巡るようになり、日本でも人気を博している。引き続きブーム...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません