年収1億を稼ぐ人】年収300万の人は「できない」と正直に言い、年収1億の人は……

大好評!連載「マンガ年収1億」。物語は【前回】のつづきで、妻がサギ師にだまされたところからはじまる。「サギ師の悪い心と、サギ師の仕組みは別!」妖精サラの言葉がヒントとなり、待野は新しいビジネスモデルを考えつくのだが……。
◆『マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』 【毎週火・木配信予定】


POINT
年収300万の人は「できない」と正直に言い、
年収1億の人は「できる」とウソをつく

▼「誠実さ」の皮を被った不誠実
できないことは、「できない」と言う。一見誠実に見える対応だが、ビジネスシーンにおいてもそれは本当に誠実と言えるだろうか。
相手は「やってほしい」からあなたに頼んでいるのだ。それに対して「できない」と答えるのは、相手にとっては失望させるものでしかない。依頼を断って失望を与えた相手に、 次のチャンスをもたらす人間は多くないだろう。「えっ? でも、誠実に答えたのに……」

確かにそのとおりかもしれない。しかしそれは単に、自分が大変だからとか面倒だからとか、自分の事情に誠実だっただけではないだろうか。それに事情はどうであれ、相手からすれば「こっちのお願いを断ったヤツ」にしか映らない。
つまり「自分は誠実に答えたはずだ」と思 ったとしても、結局は相手の期待を裏切っているわけで、要は自己弁護に過ぎない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テレビで人気沸騰! 成り上がりのバイブル ついにマンガ化!

マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人

星野 卓也,午堂 登紀雄,岡本 圭一郎
学研プラス
2018-10-30

この連載について

初回を読む
マンガ】年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人【お金】

午堂登紀雄

テレビ&ネットで話題沸騰の人気書籍『年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』がマンガで登場! 年収1億円プレーヤーの「思考」と「習慣」を身につけて「生涯・年収300万円」の壁を打ち破れ! あなたが人生を変えるヒントに満ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kado1210 「クソ真面目」を捨てろ! #SmartNews https://t.co/13yON 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

NashLds 「クソ真面目」を捨てろ! #SmartNews https://t.co/nOGWccyHNL 約2ヶ月前 replyretweetfavorite