お金を増やしたければ、まずはお金の効率的な「使い方」を知る

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。
以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。
 □家は会社の駅の沿線で選ぶ
 □車や家を買うなら新車・新築
 □スーパーでは現金で支払う
 □節約をしている
効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです!
11月21日発売の書籍『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―』より、今すぐ誰でもできる、効率的なお金の増やし方をご紹介。毎週火・金に配信。

 お金の増やし方には、法則(ルール)があるのを知っていますか?
 お金を増やしたければ、貯蓄や投資などをする前に、まずはお金の使い方を知る必要があります

 お金を上手に使えば、あなたの資産は増えていき、お金が手元に残ります。
 効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです。
 本連載では、効率的なお金の使い方で、資産を形成する方法を書きます

 「無駄遣いもしないし、貯金もある。今さら、お金の使い方なんて知る必要はないよ」
 「お金を貯めるには、出費を抑えて節約するのが一番よね」
 などと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 果たして、それでいいのでしょうか?

 お金は、貯金してもそれ以上には増えません。何かに使わないと増えないのです
 でも、何に使えば増えるのでしょう。

 冒頭でも示しましたが、あなたのお金の使い方で、次の項目の中に該当するものはありませんか。
□ 家は会社の駅の沿線で選ぶ
□ 車を買うなら新車を買う
□ 家を買うなら新築を買う
□ 結婚指輪はティファニーやハリーウィンストンなどハイブランドの中から選ぶ
□ 住宅ローンなどの借金がない。もしくは繰り上げ返済している
□ コンビニやスーパーでは現金で支払う
□ 生命保険に入っている
□ 節約をしている
□ ふるさと納税が好き。控除上限額まで積極的に寄付している

 実は、「お金を残す・増やす」という観点で見れば、これらの項目は、すべてお金の間違った使い方を示しています。

 どうして間違っているのか分からないという人は、本書を読み進めていただければと思います。該当するものを見直すだけで、お金はより多く手元に残りますし、あなたの資産は増えていくでしょう。
 ちなみに、これは精神論ではなく、れっきとした会計学に基づく法則で、個人のお金の使い方に限らず、企業会計、企業業績にも当てはまります。

 これまで私は、証券会社と運用会社で長年アナリストとして仕事をしてきましたが、そこで100社以上の日本株個別銘柄の分析や調査を行ってきた中で、この項目のような間違ったお金の使い方をしていた会社は、実際、業績が悪化し、結果として株価も下がりました。

 例えば、業績が上がったなと思ったら、急に新築ビルに移転する会社は要注意です。人員拡大でオフィス移転というのはよくある話ですが、「なぜ新築ビル?」と疑問に思ってください。コスト管理の意識が低く、売り上げの伸びに比べて利益が上がっていないかもしれません。
 また、無借金経営で内部留保として利益をため込んでばかりいる会社も要注意です。業績が横ばいになっていないか確認してみてください。借金がない代わりに、事業投資もしていないかもしれません。新しい事業がないとしたら、業績は今後悪化する可能性もあると考えてください。

 話が少し企業のことにずれてしまいましたが、要は、たとえ事業で売り上げがしっかりある会社でも、お金を効率的に使わないと継続的に利益が残せないということです。

 個人の場合でいえば、いくら与所得が安定しているとしても、節約と貯金と間違った買い物では、お金が残せないということです。

 「リーズナブルだとしても、中古のマンションには住みたくない」
 「住宅ローンの利子を払っているのはバカらしい」
 そんなふうに思う人もいるかもしれません。
 けれども、効率的なお金の使い方を学んだ後には、その考え方は変わります。

 例えば、新築マンションのどこの部分に価値を感じて、その価値にいくら払うのが妥当なのか、また、住宅ローンを利用することで、手持ちの現金をほかの大事なものに使うことができたり、生命保険代わりに使えたりと、得していることもあると気づきます。
 結果として、効率的なお金の使い方を学ぶと、本当に価値のあるモノにお金を使うようになります。そして、自分の持ち物に価値のあるモノが増えていくということは、お金が形を変え、資産をつくっているということになるのです。

 世の中、絶対に儲かる投資など存在しません。株式調査をするアナリストとして世界中のファンドマネージャーと対話してきた私が言うのですから本当です。その道のプロでさえ損を出すのですから。
 だからといって、お金に関して、何も対策をしなくてよいということではありません。
 これからの時代は、「給与所得をもとに貯金・節約」だけをしているのでは、生活レベルを維持していくのが大変厳しくなるでしょう。

 今こそ、お金に対する考え方を見直し、効率的なお金の使い方を学び、資産に対する新しい考え方を身につけるべきときです。
 そう、「資産形成マインド」を身につけるのです。
 資産形成マインドを持ってお金を使う。そうすれば、あなたは価値のあるモノに囲まれ、楽しくお金を増やすことができます。
 これこそが、今の時代のお金の増やし方の法則だと思います。

 これから述べる資産形成のための効率的なお金の使い方は、「実践すれば、たった1年で資産が倍増する!」といった短期的効果をうたうものではありませんが、誰でもいつでも始められます。日々の生活の中で、身近であり、平穏な気持ちの中で楽しくできることばかりです。
 楽しみながら、コツコツと少しずつ資産形成をしていってください。少しずつですが、それが後々に大きな違いになることでしょう。


リスクのある投資をせずに、今すぐ誰にでもできるお金の増やし方!

この連載について

使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―

垣屋美智子

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。 以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。  □家は会社の駅の沿線で選ぶ  □車や家を買うなら新車・新築  □スーパーでは現金で支払う ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード