定年後も稼ぐ!働き方

#7 親友の会社を立て直し MBOでオーナーに

地方銀行に勤めて30年の山口勉さんに「助けてほしい」と声が掛かったのは、55歳を間近に控えた2014年のこと。相手はオーダーメードの家の建築設計事務所「パパママハウス」を経営する小学校時代からの親友だった。「体調が悪く全力で働けない。財務状態も悪い。うちに来て立て直してくれないか」と請われた。

山口 勉さん(パパママハウス代表取締役)/59歳

銀行の役職定年前に転職し、
投資ファンドを利用して倒産の危機から脱出する

 地方銀行に勤めて30年の山口勉さんに「助けてほしい」と声が掛かったのは、55歳を間近に控えた2014年のこと。相手はオーダーメードの家の建築設計事務所「パパママハウス」を経営する小学校時代からの親友だった。「体調が悪く全力で働けない。財務状態も悪い。うちに来て立て直してくれないか」と請われた。

 同社は名古屋でスタートし、当時は東京と大阪にも拠点を置いて、年間に70棟を施工。強いこだわりを持つ人に人気が高く、山口さんも憧れを抱いていた。

 「これもいい機会なのか」と考えた。実は山口さんにも病気があった。52歳のときにがんが見つかり、数年の治療の末、54歳でぼうこう摘出。それまでは支店長や部長を歴任していたが、やりがいのある仕事から外れてしまっていた。

 「思いの外元気で、まだまだ現役で働ける意欲も体力もあった。55歳の役職定年が迫っていたし、家族も賛成してくれたので」と山口さんは振り返る。しかし、転職後は並大抵の苦労ではなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
定年後も稼ぐ!働き方

週刊ダイヤモンド

かつて定年は仕事人生のゴールだった。定年後の悠々自適の生活を夢見ていた人も多いのではないだろうか。しかし人生100年時代といわれる今、定年は人生の「前半戦」のゴールにすぎない。そこから新たに「後半戦」がスタートするのだ。どうせ働くなら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません