第3回】高級ワインの偽造品に要注意! 空き瓶までネットで売られている

シャトー・マルゴーといえば、誰もが知る世界最高峰のボルドーワイン生産者の一つ。そのワインを一度は飲んでみたいと思う人も多いだろうが、日本では高級品を扱う酒販店でなければ、お目にかかることもできないのが実情だ。

 シャトー・マルゴーのレアものが、中国上海市内のワインショップでは堂々と店頭に並んでいる(写真)。しかしそれは、マルゴーの“マイルド”版。ラベルデザインはよく似ているが、ボルドーワインではあり得ない英語表記で、シャトーの代わりに“マイルダー”と書いてある。偽ブランドバッグならぬ、偽ワインだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ワインブーム【1】~光と影~

週刊ダイヤモンド

世界がワインブームに沸いている。一部の高級ワインの価格が、数年で10倍以上になった。原因は中国でのワイン人気だ。また南半球など新産地での生産も盛り上がり競争は激化している。ブームの動向を追った。 

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません