第2回】 産地は潤い、質・量共に成長 現代食に合致し急伸の“南半球産”

中国でのバブルは、世界の生産者には恩恵をもたらしている。高級品だけでなく市場全体が底上げされ、収益性が上がり、南半球など新産地での生産が盛り上がりを見せている。

 「安かろう、悪かろうの時代は終わった。今のチリワインのレベルの高さを知ってほしい」
 チリ・サンタクルスから来日した生産者は、質のよさを熱心にアピールする。チリやオーストラリア、アルゼンチンといえば、これまでのワイン市場では決して主役にはなれない銘柄だった。

   ところがここ最近、それら“南半球ワイン”の成長が著しい。国際ブドウ・ワイン機構(OIV)によれば、1990年代初頭、チリ、オーストラリア、アルゼンチンなどで造られる南半球ワインと米国ワインとを足したシェアは、世界市場のわずか3%足らずだった。それが今や25%を超えているというのだから驚きだ(左図参照)。逆に、イタリアやフランス、ドイツといった伝統的生産国はジリジリとシェアを下げている。なぜ今、新しい“南半球ワイン”の存在感が高まっているのだろうか。

 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ワインブーム【1】~光と影~

週刊ダイヤモンド

世界がワインブームに沸いている。一部の高級ワインの価格が、数年で10倍以上になった。原因は中国でのワイン人気だ。また南半球など新産地での生産も盛り上がり競争は激化している。ブームの動向を追った。 

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません