年収1億を稼ぐ人】年収300万の人はスタバでコーヒーを買うが、年収1億の人は……

年収300万円のサラリーマン・待野(まちの)は、ビリオネアの妖精に導かれて、1億プレーヤーになるため人生リスタートさせる。やってきた時代は10年前。限られた時間を有効に使うにために、妖精サラが教えてくれたこととは?
◆『マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』 【毎週火・木配信予定】

POINT1
年収300万の人はスタバでコーヒーを買うが、
年収1億の人はスタバで勉強する空間を買う

▼モノの先にある時間を買え

コーヒーという商品にお金を使う。しかしこれは、ドリンクを買う行為にとどまらない。 自分が何気なく行う行為の裏側に隠れている時間価値を、あなたは見い出せるだろうか。
カフェで買うコーヒーの値段には、それを飲むための時間と空間も含まれている。では、 その1杯で得た時間と空間で何ができるか。

マンガの主人公・待野氏が考えたのは、「弁理士の資格の勉強に使えるぞ!」というもの。 「成功する未来のために、今自分は何をしたらよいか」という発想から、時間の使い方を 見直したわけだ。
そして、思うだけではなく行動に移すことはもっと重要だ。行動に現れない考えは、何 も考えていないのと同じ。「すぐに実行する」という行動が起こせるかどうかで未来は大 きく分岐する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テレビで人気沸騰! 成り上がりのバイブル ついにマンガ化!

マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人

星野 卓也,午堂 登紀雄,岡本 圭一郎
学研プラス
2018-10-30

この連載について

初回を読む
マンガ】年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人【お金】

午堂登紀雄

テレビ&ネットで話題沸騰の人気書籍『年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』がマンガで登場! 年収1億円プレーヤーの「思考」と「習慣」を身につけて「生涯・年収300万円」の壁を打ち破れ! あなたが人生を変えるヒントに満ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuchachaso おもしろい、、! ハマる、、! https://t.co/SxRS1piA4K 8ヶ月前 replyretweetfavorite

bashkiria_tatar これほんとにそう。スタバとかのドリンクは快適な場所代含んであの価格。だから持ち帰りは絶対しない。なんでみんな文句言わないのか謎、自分なら「場所代引いてや」くらい言いたい。 https://t.co/zOBETu2f5S 8ヶ月前 replyretweetfavorite

succhi104 マンガ面白そうだったので続き読みたいな〜😊 「時間貧乏」を捨てろ! https://t.co/dwkCz8vR9G #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

mame_shiba_X 「時間貧乏」を捨てろ! #SmartNews https://t.co/JxfvIpouq7 8ヶ月前 replyretweetfavorite