フェル先生のさわやか人生相談

床上手の彼なしでは、もう生きていけません【305回】

イルミネーションの点灯式や福袋のニュースに年末感を覚えるこの頃。今回フェル先生がお答えするのは、セックスが半端なく巧く、精神的にも経済的にも完璧な彼氏のことでお悩みの、アラフィフ女性からの相談です。モテる彼が、いつか別の女性のもとへ行ってしまうのでは……と不安で仕方がないという彼女。フェル先生は何とアドバイスするのでしょうか?

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

いつか訪れる「別れ」の不安と、どう向き合えばいいですか?

いつも的確で心に響くフェル先生のアドバイスが配信されるのを楽しみに拝読させていただいておりますが、今回は私の悩みについてご相談させてください。

私は大学院時代に、同じ大学に留学していたアメリカ人の主人と卒業後、25歳で結婚し、その後はボストンの大学で15年間日本美術史の講師をしておりました。主人とはどうしても子供ができず、話し合いの結果2010年に離婚して帰国し、現在は美術館の評議員として働いております。

良い人がいれば再婚を視野に入れてお付き合いしたいと考えておりましたが、帰国後の6年間は全く彼氏ができませんでした。その後ある方と知り合い、一緒に住むことになりましたが、8ヶ月ほどで別れました。半年ほど前に美術館のお客様で、とても素敵な方がいらして思い切ってお声がけしたのがきっかけとなり、現在はお付き合いをさせていただいております。

相談というのはこの彼のことです。

年齢は私より9つ上のバツ2の経営者です。見た目も、立ち居振る舞いも、ものすごくダンディで、世の中にこんな人がいるのかしら!というほど素晴らしい男性です。仕事への情熱も高く、人格的にも尊敬できます。そして愛情の表現がストレートで、言葉やラインを含めて想いをここまで率直に伝えてくれるのは欧米人以上です。

そして何よりセックスが半端じゃなく巧いのです。少し下世話な話になりますが匿名であることの利点を活用させていただき書かせていただきます。私は今まで一度イクともうそれまでだったのですが、彼とのセックスでは最初から最後までイキっぱなしにさせられます。今は週に2〜3回会っていて、休みの日には6〜8時間ほどベッドからでれない状態でイカされ続けるのです。よく週刊誌などで女性の悦び云々という記事がありますが、毎回意識がなくなり、戻ってはまたイカされるという感じで愛されるのです。女としてこれ以上の悦びはありません。彼にはメンタル的にも、肉体的にも、経済的にも(私には一切のお金を払わせません)充分に満たされ、彼以外の男性のことなどはまっったく目に入らないのです。

問題は彼がモテすぎることです。仕方がないことなのですが、ありえないほど30〜40代の女性にモテるのです。私よりも若くてキレイな女性が彼の前に現れるのは時間の問題のように思っています。その時に私はもはや生きる気力すらなくなってしまうだろうと、考えれば考えるほど恐怖感を拭えないのです。

出会いと別れはひとセットであることは、頭では理解できていると思ってはいるのですが、私は彼なしではもう生きていけないのです。それほどに愛してしまいました。もし出来ましたら、何か少しでも心が楽になるような指針をいただければ幸いです。

(46歳、女性、会社員、YA)

A.今回は46歳にして性の悦びに目覚めてしまった美術館評議員の女性からの相談です。「最初から最後までイキっぱなし」と、赤裸々に性の有様を語るとは、遅咲きの狂い咲きとでも申しましょうか。しかし職場で逆ナンを掛けるとは積極的でいらっしゃる。私もこの週末は近所の美術館に逆ナンされに出かけようと思います。

いつも的確で心に響くフェル先生のアドバイスが配信されるのを楽しみに拝読させていただいておりますが、今回は私の悩みについてご相談させてください。
ご愛読感謝です。どんなお悩みでしょう。何なりと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません