女の腸内会

〈みなさん毎日してます? アウトプット。〉出すも詰まるも、心だけではどうにもならないカラダのリリース。それは日々、自分へのいたわりと気張りの間で……。作家・王谷さんの「女のカラダ」を考える爆走エッセイ、今回は正露丸変わりに?! 仕事も腸も、意識高く。腸腸腸、いい感じ! *お食事中のスマホのながら観にご注意ください。


腸よ花よ

ヒトの身体は千差万別だ。今さらマクラに持ってくるフレーズか?って感じですが、最近とくにしみじみそう思う。なんせアラフォーにもなるとガールズトークのネタもカラダの外側より内側の話のほうがだんだん比重が重くなってくるのだ。やれ腰が痛い眼精疲労だ鍼デビューしたとその話題は多岐にわたり、悩みの内容も個性豊か。中でも聞くたびに個人差が大きいなと思うのが、腸の話である。

あらかじめ断っておくが今回はお食事中等何かを飲み食いしながら読むのをおすすめしない回である。だが決して面白半分の下ネタではなく、真面目な話だということは強調させていただきたい。

腸ベリーバッド

というわけでウンコの話なんですが、みなさん毎日してます? アウトプット。私は生来腸がわりと丈夫めにできているらしく、便秘に苦しんだ経験というのは今まで片手で数えられるくらいしかありません。しかしメディアでは「女=便秘をよくする」という描写が当たり前にされており、毎日トイレタイムはディス・マジック・モーメントなベン・E・キング谷としては若干の疎外感すら感じていたのでした。

しかしめったにしないというのはすなわち慣れていないということであり、たまぁに便秘になったりすると半分パニック状態になる。あの不快感というのはなかなか言語化しにくく、考えてみると「下痢のつらさ」を描いた小説はいくつか読んだことがあるが「便秘のつらさ」小説にはほとんどお目にかかったことがない。詰まっているのは下の方のはずなのに、喉のあたりまで何かに堰き止められているような圧迫感。人間というのはつまるところ一本の管なのだとこのときほど実感することはない。これがしょっちゅう起こってしまう体質のひとの辛さやいかばかりか。一度ハードコアなやつに見舞われると二度と便秘を笑いのネタにしようという気がなくなる。

腸腸腸、いい感じ

腸内環境のネタ化。特に子供時代って、ウンコの話は100%ギャグであり、その上で「自分がウンコをする存在」であることを他人には決して知られてはならぬ、みたいなヘンな不文律がありませんでしたか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

すべて”女と女が主人公”の短編小説集

この連載について

初回を読む
どうせカラダが目当てでしょ

王谷晶

脱・ライフハック! 脱・ヘルシー! ウェルカム非生産! 「鏡よ鏡、この世でいちばん美しいのはだあれ?」女子なら一度はかけられる呪い。でもその美しさって本当は誰のためのもの? “女と女が主人公”の短編集『完璧じゃない、あたしたち』が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawade_bungei 大好評、王谷晶さんの連載更新!腸腸腸、いい感じです→ 13日前 replyretweetfavorite

tori7810 連載更新しました! が今回はさわやかな朝イチに読むのはおすすめしません。 13日前 replyretweetfavorite