写真で話そう

ポートレートをどう撮るか?写真講義の実況中継

写真家・ワタナベアニさんのポートレート連載。今回は趣向を変えて、普段どのように撮影しているのか、現場で起きたことをそのまま実況形式でお伝えします。プロの現場をのぞき見てみましょう。

ワタナベアニです。今回は撮影の進行に沿って説明したいと思います。これはある展示作品のためのもので、急遽お願いしたにもかかわらず、友人のモデルが引き受けてくれました。

まずは雑談をして、リラックスしてもらいます。俺が本番の撮影ではないときもシャッターを切っているのに慣れている人ですから、撮られていても自宅にいるような雰囲気です。しかし、ライティングが決まって撮影が始まると、いきなり表情にスイッチが入ります。そこがモデルのスゴいところ。

彼女は演技が適切で、こちらが思っている要求を、言う前に察してほぼ表現してくれます。ですから撮っているときはお互いにずっと無言。ストロボを部屋に拡散させて柔らかい光で撮ります。

次はやや肌の露出が多いカットなので、衣裳を替えて光も強めに当てます。違いがわかりますよね。彼女が動いているところをどんどん撮っていき、顔に髪がかかろうがお構いなしに撮ります。服のシワや髪のカタチなどを直すためにいちいち撮影を止めていると、モデルの気が散ります。

たくさんの初対面のモデルを撮ることも同じモデルを撮り続けることも、どちらも勉強になります。とにかくたくさんの人を撮りましょう。

雑談中。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watanabeani 更新しました。cakes「写真で話そう」 https://t.co/lyw40EHPJc 13日前 replyretweetfavorite