第7回】 医学部に出入りする天才肌ケビン・ボーエムさんに聞く、アメリカの学部生の素顔 「日本企業とコラボして医療機器を開発して多くの人を救いたい」

前回の西川実亜さんに続いて今回もエール大学の熱い学部生を紹介しよう。学部2年生ながら医学部進学予備軍で、医学部での研究に忙しいケビン・ボーエムさんだ。お金がないと医療を受けられないアメリカの医療制度。オバマ大統領でさえ着手できないアメリカの医療制度改革にテクノロジーで挑もうという頼もしい青年だ。


正面奥、筆者の右隣に座るのがケビン・ボーエムさん

前回の西川実亜さんに続いて今回もエール大学の熱い学部生を紹介しよう。学部2年生ながら医学部進学予備軍で、医学部での研究に忙しいケビン・ボーエムさんだ。

 お金がないと医療を受けられないアメリカの医療制度。オバマ大統領でさえ着手できないアメリカの医療制度改革にテクノロジーで挑もうという頼もしい青年だ。技術面のイノベーションに長ける日本企業と共同で新しい医療器具を開発して、アメリカの医療保険にアクセスできない人たちを救おうと、現在、医学に加えて日本語も勉強している。

 この夏には金沢にホームステイに来るという彼に、エール大学での学部生活について聞いた。

教育熱心な教授たちに惹かれてエール大を選択

田村: 色んな選択肢がある中から、エール大を進学先に決めた理由は何ですか?

ケビン: 教員の姿勢で決めました。彼らは学部生を教えることにとても熱心です。そして教員と学生の比率がちょうどよい(学生あたりの教員の数が多い)のです。エールでは、教授たちから個別の指導を手軽に受ける事ができますし、豊富な研究機会を得ることができます。

<I decided primarily based on the faculty. They are focused on teaching undergraduates, and there is a good student to faculty ratio. This makes it easier to receive individual attention from the professors, and there also are plentiful research opportunities available,>

田村: 大学には満足してますか? 特に何に満足していますか?

ケビン: かなり満足してます。教授たちは素晴らしく、私が受講しているクラスも魅力的な内容です。エールはリベラルアーツ教育を重視していますが、自分が興味のあるクラスを取るだけでもよくて、カリキュラムにはかなり柔軟性があります。また全寮制なのも気に入っています。学生同士が仲良くなれるからです

<I am very happy with Yale. The professors are excellent, and the classes are engaging. Though Yale focuses on a liberal arts education, there is enough flexibility to only take classes that interest me. I really enjoy the residential college system because it allows students to get to know each other more intimately.>

田村: 専攻は何ですか? もし専攻を変えていたら、その理由を教えてください。

ケビン: 専攻は生物医学工学です。また、医学部進学予備生として医学部でも授業を受けています。エールには生物医学工学専攻で入学しましたが、応用物理学、分子生物物理学、生物化学、分子生物学にも興味があったので、どれを専攻するか悩みました。最終的には、科学研究よりも具体的な問題解決を重視する生物医学工学を専攻しました。

<My major is Biomedical Engineering. I am also pre-med, meaning that I take certain classes in preparation for medical school. I entered Yale as a Biomedical Engineering major, though I also considered Applied Physics, Molecular Biophysics & Biochemistry, and Molecular Biology because they also seemed interesting. I decided on Biomedical Engineering because of the focus on problem solving over scientific study.>

田村: 学部生でも医学部で単位は取れるのですか?

ケビン: エールのほとんどの大学院では、学部生が単位を取ることが可能ですが、医学部で単位を取ってる人が他にもいるかどうかは知りません。でも私は医学部の研究室で数名の友人と一緒に研究を行っています。

<It is possible to take classes at most of the graduate schools, but I do not know anyone taking a class at the Yale Medical School specifically. However, I have conducted research in a lab at the medical school, along with several of my friends.>

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
田村耕太郎「シンガポール発 ASEAN6億人市場が世界を動かす!」

田村耕太郎

世界最高の高等教育を誇るアメリカをはじめ、シンガポール、インド、中国、ヨーロッパ、そして日本は、グローバルで戦うために、いかに「知」を鍛えているのか。各界で国際的に活躍する人材は、どうやって自分を磨いているのか。各国の名門校で学び、世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません