男性が憎いのに、自分に男性器が生えているところを想像してしまう

今回、牧村さんのもとには「私の彼女は男嫌いが激しいにも関わらず、自分におちんちんが生えているところを想像してしまうそうなのです。屈辱感で泣く彼女に、私はどう声をかけたらいいのでしょうか」というお悩みが届きました。牧村さんは、古今東西の「ちんこコンプレックス」に触れながら、優しく力強い言葉を送ります。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

自分、という存在の中に、自分が最も憎むものを見出してしまったとしたら。

あなたは、どうしますか? 自分自身に刃を向けて、自分の憎むものを切り落としてしまおうとするでしょうか。それとも、自分を取り巻くものに刃を向けて、いまわしい繋がりのほうを断ち切ろうとするでしょうか。

わたしはね、武器を捨てて立ち向かいたいと思うのです。
だって今回のエッセイは、おちんちんの話だし。
刃、痛いし。
ね。

ご紹介するのは、「父が憎い。男が憎い。なのに、自分におちんちんが生えているところを想像してしまう」と苦しむ恋人に寄り添う方からのご投稿です。性器の名称や、まぁまぁ具体的な性描写を含むので、cakes以外のメディアには配信されないかもしれませんが、それでも大事な話だと思うので極力伏せずに書きます。まずは、ご投稿からです。

こんばんは、まきむぅさん。 まきむぅさんの連載いつも楽しみに読んでいます。 私には彼女がいます。彼女は声を出さない限り90%男の子に間違えられる様な風貌をしています。

その彼女は浮気して出て行った彼女の父の事もあって、男嫌いが激しいです。 しかしエッチの最中に、自分におちんちんが生えて、私に挿入したいと想像してしまうそうなのです。

それが彼女にとって屈辱感があるようで、いつもそれを想像した後に泣いています。私はいつも彼女にどう声をかければ良いのか分かりません。なんと言えば彼女は安心するのでしょうか? どうか助けて下さい。
(プライバシーのため一部編集し、掲載しました)

ご投稿、ありがとうございます。

たいせつな人だからこそ、彼女が苦しんで泣いている姿を目の当たりにしながらもなんと声をかけていいかわからないというのは、ご投稿者の方にとっても大変な苦しみであろうと想像します。

よく頑張っていらしたのね。 彼女も、あなたも。

多分、何も言ってあげる必要はないでしょう。

ただ、そういう彼女の体を何も言わず抱きしめるだけで、あなたの胸で泣きたいだけ泣かせてあげるだけで、彼女は少しずつ、自分を肯定できるようになっていくと思います。そういう非言語的コミュニケーションこそ、彼女の一番近くにいる人ができることなんだと思うの。泣いてくれるということは、それだけ心を開いてくれている証ですよ。

生まれるとき、人は泣くでしょう。 大人になってもう一度生まれるときも、人は泣くのよ。 古い自分の殻を破って、新しい自分になるとき、人は泣くの。

だから、いっぱいいっぱい泣かせてあげるだけで、それだけで、いいんだと思いますよ。

いや〜、しかし、ちんちんの話ね?

わたし2013年に文筆家になったんだけど、ほんと、いっぱい書いてるのよ、おちんちんのおはなし。この連載の第二回、「女同士ってどうやってセックスするの?」の中でも、性別問わず「完全なちんちんが付いていない自分の体は不完全だ」と感じてしまう「ちんこコンプレックス(略してちんコン)」の話をしています。

そういうちんコンに対して、先人たちがどう立ち向かっていったのか。

歴史を調べてみるのも勇気が出ることかもしれません。

日本人はもう江戸時代とかから、天狗のお面をクリエイティブ(上品な表現)に使ったり、張型の挿入感のリアリティを高めるためにお湯に浸した綿を詰めて温度調節したり、といったクリエイティビティ(上品な表現)を発揮して来たわけでしょう。もう、先輩!! って感じよ。

日本だけではありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matu6809 毎回面白いなあ。 →「おちんちんがなくたって、女性器にはもれなく、めちんちんが付属しているわけよね。」 2ヶ月前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 江戸時代の皆さんの気持ちいいことに対するクリエイティブさすごいという話ですhttps://t.co/hU2OB9lkm0 https://t.co/2WtJKzDqDy 2ヶ月前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu うっそやん、この話スマニューに配信されたん???絶対あかんやつやと思てたわ、意外といけるやん、うれしいわあありがたいわあhttps://t.co/hU2OB9lkm0 https://t.co/M3flfqfp5l 2ヶ月前 replyretweetfavorite

tjmlab 「エッチの最中に、自分におちんちんが生えて、私に挿入したいと想像してしまう」 ????? 2ヶ月前 replyretweetfavorite