女の恥部

「落ち込んだとき、繰り返し読んでいます」「読んでいて心が暖かくなる1冊です」など、2012年の出版以来、今も読者から感想が届く酒井若菜さんのエッセイ集『心がおぼつかない夜に』。あれから6年――。『うたかたのエッセイ集』(キノブックス刊)が10月に発売されました。cakesでは、本書に収録された33本から選りすぐりの6本を連載いたします。

マニキュアは基本的に、ヌーディーな色が好きだ。

時々マットなカーキ色やチョコレート色、白やシルバーなんかを塗ったりもするけれど、基本的にはヌーディーカラーがいい。
ほんとうは黒とか真っ赤も塗りたいけれど、俗に言うオンナ爪の私が塗ると、魔女やら娼婦やらな印象になってしまう。オトコ爪にしか、黒や真っ赤は似合わない。
だから私はもっぱらヌーディー派だ。
一方でペディキュアは、基本的には赤か、濃いピンクしか塗らない。
こちらも時々、他の色も塗るけれど、作品に入るときには必ず赤かピンクに戻す。別に他人さまには見えやしないのだけれど、暖色系にしないと落ち着いて演技ができなくなってしまう。
時代劇に出るときは、裸足じゃないといけない場合もあるので、そのときはスッピンをカメラに収められているようで、それはそれは恥ずかしい。

年下のとある女優と共演していたある日のこと。
その女優のことは若手時代から知っていて、私は何度も彼女の主演作に出させてもらっていた。
ある作品で、女性キャストが全員揃って、裸足になって土下座をするシーンの撮影があった。

そのとき、監督(♂)は、全員の足の裏を撮影したいと言った。
すると、その女優は難色を示した。
それまでの彼女は、おかしなカツラを被らされても、変顔を要求されても、どんな無茶ぶりをされても、演出に従順な子だということは、よく知っていた。現に、そのシーン撮影においても、土下座をすることにもなんら抵抗はないのである。
しかし、足の裏を撮影されることに、
「えっと……。いや、ちょっと……」
とたじろいでいた。
言葉に窮した彼女は、助けを求めるように私を見た。私は監督に、
「監督~。足の裏は女の恥部ですぜ」
と言った。すると、彼女だけでなく、別の後輩女優や先輩女優たちまでも一斉に援護射撃をはじめた。

「土下座はいいけど、〝お尻に食い込む足の裏〟はちょっと……」「足の裏を撮るなら事前に教えてほしかった……」「スッピンより恥ずかしい」。

女優一揆である。

女優にとって足の裏を撮影されることは、私が思っていた以上に、デリカシーを問われる問題だったようだ。

誤解のないように言っておくが、「女優はワガママ」と思われがちだが、私はワガママな女優などほとんど見たことがない。意見を飲み込んでしまう女優のほうが圧倒的に多い。
聞き分けがやたらといいのである。
たとえば、男性が書く女性の台詞は、漫画かよ! という言い回しで書かれていたり、男性の演出は女心とは真逆の心理を捉えようとしたりすることもしばしばだが、女優は、
「私がそう思わないだけで、私以外の女性は、そう思うことやそういう言葉を選ぶこともあるんだ、きっと」
となんとか自己解決をしてしまう節がある。

その上で。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

うたかたのエッセイ集

酒井若菜
キノブックス
2018-09-29

この連載について

初回を読む
うたかたのエッセイ集

酒井若菜

「落ち込んだとき、繰り返し読んでいます」「読んでいて心が暖かくなる1冊です」など、2012年の出版以来、今も読者から感想が届く酒井若菜さんのエッセイ集『心がおぼつかない夜に』。あれから6年――。『うたかたのエッセイ集』(キノブックス刊...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_iwasaki1981 「女優一揆」はパワーワード! 「足の裏は……」 なのか……。 知らなかった。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

keitter831 「女優一揆」 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kinobooks みなさんは、女優一揆について知っていますか? 足の裏健康法について知っていますか? 酒井若菜さんのエッセイを読んだこと、ありますか? 9ヶ月前 replyretweetfavorite

t_iwasaki1981 【「女優はワガママ」と思われがちだが、私はワガママな女優などほとんど見たことがない。意見を飲み込んでしまう女優のほうが圧倒的に多い。】 「女優一揆」について興味ある人はぜひ! https://t.co/mhMvHJ1x8k 9ヶ月前 replyretweetfavorite