美味しい毛虫を食べようと「毛」に悪戦苦闘した話

「野食」とは野外で採取してきた野生の食材を食卓に活用すること。日々、美味しい食材を求めて南へ北へ。野食ハンターの茸本朗さんが今回チャレンジしたのは、昆虫のなかでもトップクラスの美味しさを誇る「サクラケムシ」という毛虫です。いくら美味しいとは言っても毛虫。この「毛」をなんとかしようと試行錯誤して料理する茸本さんでしたが...。


よく見ると……

日本が世界に冠たるグルメ大国であることは論をまたないですが、一方で諸外国に比べると保守的な部分もないとは言えません。
そのひとつが「昆虫食」

現在、世界各地での人口爆発にともなう食糧不足が現実のものとなりつつある中で、さまざまな国で食用昆虫の研究が推し進められています。ヨーロッパやアメリカ等の先進諸国でも「食用コオロギ」や「食用ミールワーム(鳥の餌で有名な虫)」が実用化に至っているわけですが、その一方でわが日本では「えっ、虫食うの!?」という反応が一般的です。

しかし、今後必ず訪れる食料争奪戦に、経済力の低下が著しい日本が勝てる保証はどこにもありません。そのくせ食料自給率は高くなく、生産者は減る一方というなかで、豊富に存在する昆虫は間違いなく日本人にとってのライフラインとなるでしょう。
日ごろから利用しろとは申し上げませんが「いざとなりゃ虫も美味しく食べてやるぜ!」くらいの気概と、そのための知識を持っておくのは悪い話ではないと思うのですが、どうでしょうか。


美味しいけどハードルが高い「毛虫を食べる」ということ

と、のっけから一席ぶったうえで恐縮なのですが、実はぼくも昆虫食を始めてまだ日は浅いほうです。
はじめは「いや、ゆーてもほかにも食べ物あるし、虫食べるのはまだあとでもよくね?」くらいの気持ちでいたのですが、ウナギやマグロの不漁、野菜高騰のニュースを目にする中で「虫ぐらい日ごろから使えないと野食家としてよくないな」という思いが強くなり、数年前から試し始めたのです。

結果としては「昆虫食は楽しい」というポジティブな結論を得ることができました。
まったく未知の食材との出会いが楽しかったというのがまずあり、さらにその多くが「非常に美味しかった」という事実がより一層の感動をもたらしました。
その中にはハチの子のような「順当に美味しい」ものもあれば、「マジか……これが美味しいんか……」とショックを与えてくれたものもありました。
その中でも、もっともインパクトがあったのがサクラケムシ


いかにも毛虫というデザイン

これは読んで字のごとく「桜につく毛虫」で、正式和名はモンクロシャチホコというガの幼虫です。
終齢幼虫(蛹になる直前の、成長しきった幼虫)になると隊列を組んで地面に降りてくるので、見かけてゲェーってなったことのある人もいらっしゃると思います。
でもよく見ると結構ファンキーでイカしてます。金色の毛が全身から勢いよく生えていて、なんだかスーパーサイヤ人に見えてきますよね。見えない?

このサクラケムシ、実は昆虫の中でもトップクラスに美味なもののひとつだったりします。もちろん個人的な好みはあろうかと思いますが、柔らかくジューシーで、臭みは全くなく桜茶のようなさわやかな香りがあるという実に万人向けの味。
茹でただけでも美味しく食べられるという人もいます。


集まるとしんどい見た目に

一方、虫を食べなれない人にとっては、その見た目はかなり厳しい心理的ハードルになるでしょう。そもそも論として「毛虫=毒」というイメージが根強く、触ることすら戸惑われることも多いです。
実際は毛虫の中でも毒をもつものは少数派だったりするのですが、少なくとも食べるときには「この毛を何とかしたい」と思うのが自然ですよね。

ということでいろいろ努力してみました。


サクラケムシの毛を気にしないでばくばく食べたいよね

はじめに、単純に「毛を抹消する」方法がないかを探してみました。
まず、サクラケムシをさっと湯通しして締め、


ファイアー

串に刺して、火あぶりに。
子供向けサバイバル書籍の名著『冒険図鑑』に載っていた方法です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
野食ハンターの七転八倒日記

茸本朗

「野食」とは、野外で採取してきた食材を普段の食卓に活用する活動のこと。 野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し、、、 それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshinon 味は美味しいと言われても、このビジュアルが…な。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

suerene1 昔、生田の団地に住んでいた時分、春になると毛虫を棒にぶらさげた悪がき共に追い掛け回したトラウマがあり、やっぱり毛虫食べるくらいなら(というか虫全般)、飢え死にする~と思ってしまう。→  https://t.co/778CYoxpNv 10ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san トップクラスに美味い毛虫の「毛」を気にせず食べる方法を試行錯誤した話|茸本朗 @tetsuto_w | 毛虫の毛も焼くと毛を焼いた匂いがするのか。 10ヶ月前 replyretweetfavorite