料理って、自己肯定感が上がるいちばん簡単な表現活動かも。

新刊『スープ・レッスン』を上梓した有賀薫さんが、一人暮らしの女性の家を訪問し、お料理教室を開きました! 生徒はこちらも新刊『本屋の新井』を出された三省堂書店のカリスマ書店員、新井見枝香さん。前回のクッキング編で完成したスープを食べながら、二人が「料理をすることについて」語ります。

料理はできると思っている人が勝ち

有賀 新井さんはいつ頃から料理を始めたんですか?

新井 一人暮らしを始めてからなので、2年くらいですね。有賀さんのスープをよく作っています。最初に作ってみたのは、豆乳のやつでした。

有賀 「鹹豆漿(シェントウジャン)」ですね。

新井 豆乳がそんなにフルフルの食感になるのか!と思って、やってみました。有賀さんのレシピを作るようになって、野菜の切り方なんかも覚えていきましたし、「食べたい」という目的が最初にあって、なんとなく吸収していった感じです。

有賀 私のスープはやっぱりシンプルなので、「ちょっと物足りない」という人もいるんじゃないかと思っているんです。

新井 私はぴったり。

有賀 新井さんとわたしの味の好みが似ているんでしょうね。あと、女性は薄味好きの人が多いみたい。

新井 有賀さんのレシピは、おいしいし作りやすいから、リピート率が高くて。

有賀 うれしいなあ。SNSで写真をアップしてくれている方たちは、何回も作ってくれていたりアレンジしてくれたりしてるみたいです。

新井 わたしもアレンジします。

有賀 アレンジといえば、先日公開したレシピ「完熟トマトうどん」を作ってくれる方が、みんなそうめんを使ってて、トマトうどんって言ってるのに、そうめん率がめちゃくちゃ高い!(笑)

新井 トマトうどんおいしかったです!

有賀 ちょうど夏で家にそうめんって余りますから、みんな適当に組み合わせて作ってくれているんだなと。でも、それでいいやって思う。だって、家にそうめんがいっぱいあったら、レシピがうどんでも、そうめんをなんとかしたいって思うのが普通ですもん。

新井 うんうん。

有賀 食材を使い切れた喜びみたいなものも伝わってくるんです。やっぱり作る人の気持ちってすごくおもしろくて、基本的に「やらされる」ことは嫌なんですよね。あれもこれも用意してください、みたいな。

新井 もう一個買わなきゃいけないの?みたいな。

有賀 なのに、自分で「あ、あれも入れよう」って思うときは脳がウキウキしていて、全然苦じゃないし、むしろやってやったぞ、みたいな感じになる。そういう風に気持ちが高揚してくると料理ってすごい楽しくなってくると思います。

新井 そうかも。もう一回作ろうって思いますもん。


まさかにんじんをこんなに買うようになるとは思わなかった

新井 実は私、にんじんがあんまり好きじゃなかったんだけど、「にんじんのしりしりスープ」でにんじんのおいしさに目覚めました。

有賀 実は私も、にんじんが苦手だったの(笑)。今は好きなんですけど、あのしりしりを何年か前に人に教わって衝撃を受けたんです。にんじんって付け合せとか、煮物とかで食べることが多いけど、そういうのってどうしても、おまけというか、邪魔者感があって。

新井 わかる~。

有賀 でも、おいしいキャロットラペとか、単体で食べるとすごくおいしい。

新井 まさか自分でにんじんをこんなに買うようになるとは思わなかったです。いまは、八百屋さんで野菜を見かけて、「そういえば有賀さんのレシピの中にあったな」って思って買って作ってみたり。まずは一番おいしそうな野菜を買って、そのあとでどうするか考えています。

有賀 八百屋に行っておいしそうな野菜を選ぶっていうことが、できない人もいます。でも、野菜の鮮度は、週2回ぐらいスーパーに行って、よく野菜を見ていれば2、3ヶ月でわかってくる。今はスマホでその野菜の検索をすれば料理の作り方はわかるから、使いみちを考えるハードルは以前に比べて下がりましたよね。


台所の狂気
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン特別編】ひとり暮らしの女性のための料理—有賀薫×新井見枝香

新井見枝香 /有賀薫

遅い帰宅時間、手狭なキッチン、一人では余らせてしまう食材など、忙しい勤め人を料理から遠ざける理由はたくさんあります。それでも、ちょっとした工夫で料理を始められれば、毎日の生活がもっと楽に楽しくなるはず。 新刊『スープ・レッスン』を上梓...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

silvershariko タイトルに惹かれて 6ヶ月前 replyretweetfavorite

sasasasasabakan 記事の終わりに「自由」について話しておられるけれど、わたしにとっては有賀さんの塩のスープでこそ、自由を得た!感が強かったです。 https://t.co/vlgrnMfexW 6ヶ月前 replyretweetfavorite

sa10ma2016 https://t.co/9GzmXDpjAM 6ヶ月前 replyretweetfavorite

_daisylily "「自分がつくったものが好き」というのが大事" 6ヶ月前 replyretweetfavorite