母親への恨みが去る日は来るのか?

『お母さんみたいな母親にはなりたくないのに』で、度が過ぎる母親からの過干渉に悩んできた自分が娘を生んでしまった激動の日々を描いた田房永子さん。『ありがとうって言えたなら』で、こちらも強烈すぎるお母さんとの、感動とはほど遠い「看取り」の日々を描いた瀧波ユカリさん。今回は、会場の熱い質問に答えるおふたりから、金言が続々飛び出してきますよ!

愛がどうのより、自分が納得できればそれでいい

田房永子(以下、田房) 会場からの質問を読みますね。ええと、「瀧波先生に不躾ながら質問です。お母さんが亡くなって、その後の気持ちの変化はいかがですか?」

瀧波ユカリ(以下、瀧波) 本を描いて形になっちゃったからっていうのもあるんですけど、その後、目に見えた大きな変化はないかなあ。母のことで根に持ってることもあるにはあるんですけど、自分が35歳過ぎて以降、執着心とか恨みとか、そういうのは薄くなっていってる気がする。加齢? 加齢のせいなのかな?

田房 あ、それは私もあるかも。

瀧波 もし、もっと若い時だったら、気持ちの整理がつかなかったり、死んでも母を許せないって思ってたかもしれない。あと、私は母と一緒に住んでなかったから、思い出すきっかけになる遺品とかモノが身近にあまりないから、日常の中に入ってこない。

田房 いい感じですか?

瀧波 うん、さっぱりしてますね。だからと言って、美化もされませんけど。ひとつ心残りだったのは、私が今住んでいる部屋に母が入ったことがないってことでした。私と母はよくケンカしてたから、道内同士なのに母はたぶん遠慮して来なかったんですね。その後、母は病気になって大阪に移って亡くなったので、「入れてあげればよかったな」って、激しくはないけど、少しだけ後悔してて。

田房 そっか。

瀧波 それで、亡くなってからある日ふと、頭の中で想像すればいいんじゃないかなって気づいたんですね。母ひとりでよこすのはちょっと重かったので(笑)、ついでだから、10年前に死んだ父親と、死んだパグ犬もいっしょに3人セットにして、玄関を開けるところからはじめて、部屋のソファに座ってもらってお茶出して、私と夫と子供と父と母と、あと犬が、話をしているところを漠然とイメージして。

田房 ああ、うんうん。

瀧波 それで、母たちがどこに帰るかわかんないけど、「じゃあね、バイバイ」ってところまで想像したら、なんか気がすんだんです。なにかが解決したわけじゃないけど、やるのとやらないのとじゃなんか違うなーって思います。

田房 すっごくよくわかります。結局、愛がどうのってことじゃなくて、すべては納得できるかどうか一択じゃないですか? 親子関係に限らず、みんなが納得できればなんでも解決できるし、みんな納得したくて動いてる気がする。
 だから、瀧波さんみたいに、相手がいなくても頭の中で納得できたら、その関係は現実と変わりがない状態になるんだって私は信じてます。私もよくそれやりますもん。

母親を恨んで恨んで飽きるまで

田房 次の質問です。「お母さんを恨むのに飽きたきっかけ、および恨むことを飽きるに有効だったことをお伺いしたいです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
母娘というやばい関係をサバイブするために

瀧波ユカリ /田房永子

『お母さんみたいな母親にはなりたくないのに』で、度が過ぎる母親からの過干渉に悩んできた自分が娘を生んでしまった激動の日々を描いた田房永子さん。『ありがとうって言えたなら』で、こちらも強烈すぎるお母さんとの、感動とはほど遠い「看取り」の...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

balanco “23072” https://t.co/zJmvMhpE21 11ヶ月前 replyretweetfavorite

kiyoliverpool そこから脱け出すために大事なのは、きっと苦しみ抜いた末の「気づき」なんだと思う。 https://t.co/ObmUm5weEF 11ヶ月前 replyretweetfavorite

awirihas https://t.co/Wmoc2jXZqo 11ヶ月前 replyretweetfavorite

limeA 瀧波 私も3、4年前までは、お風呂で髪洗ってる時とかにずっと昔のイヤだったことを考えてたんです。家族のことだけじゃなくて、小学校のころにあったイヤなこととかを考える。それが私にとってのバスタイムだったんです、ずっと。 #毒親育ち https://t.co/VoZnz7qJNu 11ヶ月前 replyretweetfavorite