親子関係なんて、スピでもないとやってられない

『お母さんみたいな母親にはなりたくないのに』で、度が過ぎる母親からの過干渉に悩んできた自分が娘を生んでしまった激動の日々を描いた田房永子さん。『ありがとうって言えたなら』で、こちらも強烈すぎるお母さんとの、感動とはほど遠い「看取り」の日々を描いた瀧波ユカリさん。今回は、激しい母親と付き合うためには、スピリチュアルなものに頼るのも大いにアリ、というお話です。

羨ましさが永遠にループする

田房永子(以下、田房) 『ありがとうって言えたなら』で瀧波さんがハワイで幸せそうな老夫婦を見かけて「いいなあ」って思ってから、「でもうちもお母さんを囲んでみんなで来てる、完璧な幸せの最中だ」って気づくシーンがあるじゃないですか。私あそこがちょー好きなんですよ。

 スピリチュアルな友だちが、みんな同じようなこと言うんですよね。他人のことを羨ましがっても、案外それはすでに自分がやっていたり、自分の内にあるものなんだから、気づいたほうが幸せだって。

瀧波ユカリ(以下、瀧波) 私、すごい羨ましがりなんですよ。ずーっと羨ましがってる。

田房 マジすか、私もですよ! 今日も「私だって新聞で連載してーよ!」って叫んだら、担当の人に「連載してるじゃないすか」って指摘されて、「あっそういえばしてたわ」って(笑)。無駄に羨ましさがループしてるの。

瀧波 わかるわかる、うちは娘が『おしりたんてい』にハマってて、私も一応一緒に読むんだけど、頭の中ではずっと「めっちゃ売れてるな」としか(笑)。

田房 わかる(笑)! うちは娘が『かいけつゾロリ』に夢中なんだけど、私は、原ゆたかどんだけ売れとんじゃい! とか、私にも児童書かかせろ!ってまた無駄なループに……。

瀧波 私なんて、異業種にまったく興味なくても、成功して認められている人を見ると「くっそー」ってなりますから。

田房 どのへん? 石原さとみとか?

瀧波 石原さとみは……違うかな(笑)。なんていうんですかね、クリエイティブでありつつ目立つみたいな。東京のキラキラした業界の、セブンルール的な?

田房 めっちゃわかるけど(笑)、羨ましさダダ漏れで、私、大丈夫ですかね。

瀧波 そこに罪悪感持ったら生きていけないですよ。「キムタクと工藤静香の娘ズルくない?」ってとこまで妬みますよ、私は。ココとココ足して出てきたのがコレで、しかも頭もよくて。あと500回ぐらい生まれ直さないとああはならないんじゃないかって。いや、500回じゃ足りないかも。こんなことSNSでつぶやいても誰にも共感を得られないですけど。

田房 いやいや、私もKoki,になりたいよ。

瀧波 ね、Koki,になってKoki,なりの悩みを感じたいですよね。

母親と自分の前世を見てみたら

田房 ……ってなんの話でしたっけ(笑)。そうだ『ありがとうって~』に出てきた、セラピーについて聞きたかったんです。

瀧波 ああ、あれは電話での相談でしたね。「電話代高いのかな」って思いながらの(笑)。

房 前世の話が、めちゃくちゃ面白かったです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
母娘というやばい関係をサバイブするために

瀧波ユカリ /田房永子

『お母さんみたいな母親にはなりたくないのに』で、度が過ぎる母親からの過干渉に悩んできた自分が娘を生んでしまった激動の日々を描いた田房永子さん。『ありがとうって言えたなら』で、こちらも強烈すぎるお母さんとの、感動とはほど遠い「看取り」の...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

takinamiyukari 「Koki,になってKoki,なりの悩みを感じたい」という煩悩をさらけ出した私と田房さんの対談です。続きはあさって公開! 約1年前 replyretweetfavorite

sachi_ameno https://t.co/OFv2wxIaVi 約1年前 replyretweetfavorite

colonial_viper このお二人はスピリチュアルと上手く付き合ってらっしゃると思う。→ 約1年前 replyretweetfavorite

yuk_ie あとで読む 約1年前 replyretweetfavorite