自分の話ばかりしても会話は盛り上がらない

初対面の人との会話は、なかなか盛り上がりにくいもの。でも、どんな人でも最初のコミュニケーションは初対面から始まります。渋谷のバーで21年、ほぼ全ての酔っ払ったお客さんと、数え切れないほどの初対面のお客さんと会話をしてきた林伸次さんが考える、初対面攻略法です。

まず、聞き上手になること

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕は渋谷の暗いバーで、全員酔っぱらっている人と21年間お話をして、それで「あ、そんなときに恋に落ちるんだ」とか「そういう男性のこと嫌いなんだ」とか聞き出して、「この話、書いても良いですか?」って確認して、こんな文章を書いているんですね。

「人間に一番大切なことは何か?」と聞かれたら、僕は「誰か知らない人と会話をすること」と答えます。やっぱり世の中には色んな考え方を持った人がいたり、色んな僕の知らない経験をした人がいたり、色んな面白い新しい情報を持っている人がいるんですね。そんな人たちと会話をすることこそが、人の考え方や感じ方を深く豊かにすると思っています。

たまに、書き手で「インターネット上だけの情報」あるいは「テレビだけの情報」の人がいて、やっぱりそういう人の書くことって退屈だし、どこかで見たことある内容だったりします。新しくて面白い自分だけの言葉をほしくなったら、誰か知らない人と話すことだと僕は信じています。

さて、そんなことをたまに書いたり言ったりしているからか、「あなたにとって会話術とは?」みたいなことを聞かれたり、取材されたりすることがあるんですね。今回はそんなことを書いてみます。

会話術というと、必ず「聞き上手になれ」とよく言われます。やっぱりデートの時、自分の話ばかりするよりも、聞き上手な人の方が良いでしょう。でも、聞き上手って何でしょう? 最近流行のマッチングアプリなんかで知り合った二人だったりすると、会話が上滑りしてしまうそうです。お互いの共通の知人や、仕事場や学校のような共通の場所がないから、「好きな食べ物は?」とか「休みとかどうしてるんですか?」にただ答えて、「一問一答」スタイルの会話になってしまって、なんかロボットを相手に話しているようになってしまうんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_masa_ 勉強。 https://t.co/IBoZFKSLWM 13日前 replyretweetfavorite

feilong 3件のコメント https://t.co/EIYuHJaei6 16日前 replyretweetfavorite

feilong 3件のコメント https://t.co/EIYuHJaei6 16日前 replyretweetfavorite

les_trooper 相手の話しをふんふんと聞いてあげるのは、とても大事。 理解してもらえた気になるし、自分のことを話している時が1番楽しいものなの。 17日前 replyretweetfavorite