関東大震災大被害地に「スカイツリー」

国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは「来るかもしれない」のではなくて、「必ず来る」。関東大震災の火災、阪神・淡路大震災の家屋倒壊、東日本大震災の津波。その三つを同時に経験する可能性がある。首都圏を襲う大地震も懸念される。
ホンネがホンキの対策を生む! 話題の書籍『次の震災について本当のことを話してみよう。』のcakes連載版!

※これまでのお話は<こちら>から。

谷底を走る中央線

 入り江や川を埋め立てたところに、日本の中枢機能である官庁や大企業のオフィスビルがひしめき合っています。情報を伝える会社、我々がお金を預けている会社、保険をかけている会社などの本社が集中しています。高層ビルで埋め尽くされ、その最上階でふんぞりかえっているのが社長さんたち。気象庁や東京消防庁などの防災官庁、新聞社の本社もズブズブ地盤の上に建っているのに、ビルの外から見える室内の什器の転倒防止は不十分。田舎者の私には「おバカさん」に見えます。
 東日本大震災で天井が落下し、2人が犠牲になった九段会館は、江戸時代末期の地図を見ると「池の上」でした。首相官邸の隣にあるのは「溜池」という地名。東京スカイツリーは関東大震災で最も大きな被害のあった土地に建っています。私はあの展望台に上るときは少し緊張します。

 東京の街に張り巡らされている鉄道からも、危険サインが見えてきます。
 明治時代、うるさくて煙を出す蒸気機関車は嫌われものでした。そのため、鉄道はたいてい地盤の悪い街外れに通しました。現在のJR中央本線は川筋や谷筋を通っており、駅名は「神田」「御茶ノ水」や「水道橋」「飯田橋」「市ケ谷」「四ツ谷」「大久保」「荻窪」など水や谷に関係したものばかりです。京浜東北線の「田端」付近は崖の下。「品川」駅も、もともとは海の中でしたが、堤防をつくって通したのです。墨田区や江東区などの海抜ゼロメートル地帯は、もっと心配です。

神田・錦町河岸交差点

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

好評につき、現在8刷! cakes版には未掲載の本文関連小ネタがページ下段に脚注として豊富に載ってます

この連載について

初回を読む
次の震災について本当のことを話してみよう。

福和伸夫

国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは「来るかもしれない」のではなくて、「必ず来る」。関東大震災の火災、阪神・淡路大震災の家屋倒壊、東日本大震災の津波。その三つを同時に経験する可能性がある。首都圏を襲う大地震も懸...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jijibook 震度7で大丈夫な建物は日本に一つもない!|cakes連載第8回「 #地震 #災害 #震災 #南海トラフ 11日前 replyretweetfavorite

jijibook cakes連載第5回「 #地震 #災害 #震災 #南海トラフ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite