娘という名のゾンビに襲われる僕の手記

強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の爆笑エピソードをお届けするこの連載。今回は、1日5回は「ゾンビ」という単語が飛び出すほど、ゾンビが大好きな5歳の娘さんのお話です。

前回の「5歳の娘が描いた"真っ黒な人"の正体は…」を読んでいただければわかる通り、うちの娘は家族の絵にゾンビを描いてしまうほどのゾンビフリークだ。

いや、本人は「ゾンビなんて大っ嫌い!ゾンビ怖い!」と言っているのだが、1日5回は「ゾンビ」という単語が飛び出すその口で何を言っているんだという感じである。

娘のゾンビ好きに気付いたのは、今年のお正月のことだった。
僕らは家族3人で初詣に行き、お参りを済ませたあと今年の干支守りでも買おうかという話になった。 そこで娘の干支をド忘れしてしまった僕は、「あれ?娘ちゃんの干支って何だったっけ?」と本人に聞いてみた。 すると娘は一切の迷いなく、笑顔でこう言った。

「ゾンビ!」

ゾンビなんて干支があってたまるか。 いつから十二支は子・丑・寅・卯・辰・ゾンビ・巳・午・未・申・酉・戌・亥になったんだ。ゾンビ年生まれの子供たち泣くだろ。

それからというもの、娘との会話には度々ゾンビが登場するようになった。


「こら!悪いことしたらちゃんと謝らないとダメでしょ?」

「…悪い子はゾンビに連れていかれるから?」

「ゾンビにそんななまはげみたいな行動理念は無い」


「パパ、海の向こうには何があるの?」

「外国があるよ。アメリカとか」

「アメリカ!?ゾンビの本場の!?」

「ゾンビを特産物みたいに言うな」


「くそっ!パーティはおあずけだぜ!ゾンビから逃げ切るまではな!」

「娘ちゃん、シルバニアファミリーで遊ぶならもうちょっとファンシーな設定にしなさい」


もうホント、うんざりするくらい会話の中にゾンビが登場する。

何が怖いって、今この記事を書いてる僕の後ろで「変~身!ゾンビ!」と娘が叫んでいることだ。
変身したいならプリキュアなり仮面ライダーを目指せ。っていうかゾンビになるなら変身じゃないだろ、死亡だそれは。

誰かにこの話をすると大抵、「親がゾンビの映画とか観てるから影響受けたんじゃないの?」なんて返される。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕とバアちゃんと家族の話

昆布山葵

noteで話題になった「僕のバアちゃんが物理的に除霊を行った話」の作者・昆布山葵さんによる書き下ろしエッセイ!強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の愉快なエピソードをお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

elba_isola |昆布山葵 @konbuwasabi |僕とバアちゃんと家族の話 うちの娘も5歳だから微笑ましい。ギャン泣きして暴れる娘に手を焼くのでゾンビごっこして機嫌よくしてくれてたらなぁ。 https://t.co/swIMjWGJvd 2年弱前 replyretweetfavorite

granat_san 何がきっかけなのかものすごく気になる。 2年弱前 replyretweetfavorite

lleu_sake ひっ wwwwひぃ wwww前回に続いて wwww wwww wwww 2年弱前 replyretweetfavorite