​この世にいてくれて、ありがとう—青山裕企、不惑の決意

この連載も開始から2年が経ち、当時30代だった青山裕企さんは40歳を迎えました。今回は、青山さんが写真を撮り始めてからちょうど20年の節目の特別編として、不惑を迎えての心境の変化。そしてその結果、青山さんが強く「撮りたい」と思ったという「少女」を、6回にわたってお届けしていきます。

少 女 礼 讃(しょうじょ・らいさん)

今年の四月に、四十歳になった。

いわゆる、不惑と呼ばれる歳だ。

写真をはじめたのが、二十歳の時。
僕はおそらく、まだ「少年」だった。

大学を休学して、勢い=若気の至りで、自転車で日本を縦断していたんだ。

大学受験の前日に、一目惚れしてしまった「女の子」を、
僕は無性に、追いかけていた。

今思うと、とんでもなく妄想的で、危ない心で、
「女の子」を、身勝手に運命だとか思い込んで、
自転車のペダルを漕いでいたんだ。

そして、僕は北海道の地で、写真に出会った。
衝動的に、カメラを買った。

写真を撮りはじめてから、僕はとにかく全力だった。
それしか自分にはないって、思ってた(し、今も思ってる)。

僕に人を撮る才能があるなんて、一貫して思っていない。
僕より才能があって、センスがあって、
コミュニケーションがうまくて、いい写真を撮る人を、
いっぱい知っている。

若い頃は、いっぱい嫉妬もしたし、憧れたし、
だからこそ、負けてらんないって、心に強く思って、
写真を、撮りまくっていたんだ。

そして、自分の半生が過ぎ去り、
人生の半分を、カメラと共に過ごして、
今も、いろんな写真を全力で撮っている。

おそらくきっと、昔より今の自分のほうが、写真は圧倒的にうまくなった。
全く向き合えてなかった、人に対して、「女の子」に対して、
おおよそ、向き合えるようになった。

そして今、思うんです。
「少年」でなくなった僕にとって、僕は私になり、
「女の子」は「少女」になったんだ、と。

僕はずっと、自分のことを「少年」と思いながら、撮っていたんです。
だから、目の前にいる「女の子」のことを、
「少女」だなんて、思っていなかった。

思春期の頃に、眼前に広がる眩しい青春の世界のなかに存在していた「女の子」たちは、
あまりにも、リアルな「同級の子」であって、
「少女」と括ることも、相対化することも、出来はしない。

だからこそ、いつまでもリアルに恋してるような感覚で、
「女の子」に、写真に、向き合えていたんだと思います。

そして歳をとり、僕は私になり、
目の前にいる「女の子」は、「同級の子」から「少女」へと、変化した。

「大人」の眼差しから見るからこその、「少女」なんです。

僕は、実は今年に入ってからはじめて、
自分の著書のタイトルに「少女」という言葉を使うように、なりました。

それは、ようやく自分が「少年」じゃなくなったから。
なくなれたのか、なくなってしまったのか……。
きっともう、私は「少年」の眼差しでは、「女の子」を撮ることができない。

小器用になり、写真がうまくなった気がして、
テクニカルに、ポートレートを撮れる自分がいて。

だからこうやって、写真で生きてゆけるわけだけれど、
もっと、青臭く、泥臭く、青二才な頃の、僕の心が顔を出して、
超下手だけど、超エモく撮れていたはずの自分が、うらやましくなる。

これから私は、「少女」を礼讃(らいさん)の気持ちで、撮りたい。
この世にいてくれて、ありがとう。
僕らを、私たちを、いつまでも、時めかせてくれる。

失いかけていた、礼讃の気持ちを。
目の前に、確かに「少女」がいるからこそ、撮れる写真なのだと。

徹底的に撮らなければ、これからの自分自身の写真表現は、殻を破れない。
そう心底思えるような、「少女」に出会いました。

青山裕企

<次回は11月5日(月)更新予定>


青山裕企さんの定期購読マガジン「僕は『ポートレート写真』の楽しさを全力で伝えたい!」が、noteでスタートしました! 毎日更新です!


「気になるあの娘」モデル大募集!

本連載のために、あなたが気になる魅力的な女性を教えてください! 写真家・青山裕企さんが撮影してくださいます。以下の「応募要項」に沿ってご応募ください。


応募要項

「同じサークルのあの子が気になります」「会社にすごく美人なひとがいるんです」「行きつけのカフェの店員さんがかわいいんです!」など、あなたが気になっている女性を教えてください。

年齢、地域の制限はありません。

どうして彼女を撮ってほしいのかという推薦文と、その女性のお名前、出会った場所、お写真などをお送りください。

まだ知り合いじゃない、などの理由で、写真がない場合でも応募は可能です。その場合は、より一層”熱い”推薦文をいただければ幸いです。

想いがこもったご応募を、お待ちしております!

ご応募いただいた内容を見て、これは、と思った場合は、まずはcakes編集部からあなたにご連絡をさしあげます。その後、編集部と青山裕企さんが先方と出演交渉をいたします。

以下の「必要事項」をご記入の上、下記の宛先までご応募ください。


必要事項(※は必須項目)

■応募者情報

1)氏名
2)連絡先(メールアドレス、電話番号)

■「気になるあの娘」情報

3)氏名
(略称可 ※お店のネームプレートの名前しかわからない場合など)
4)お知り合いですか?(はい・いいえ)
5)連絡先(お知り合いの場合)
6)出会った場所(勤務店、勤務日程の目安など。こちらを参考に、交渉に向かいます)
7)お写真
8)推薦文(文字数制限なし。審査通過された場合、この推薦文を記事に掲載させていただく可能性がございます)

■応募先

件名を「気になるあの娘・モデル募集」にして、support@cakes.muあてにメールをお送りください。

この連載について

初回を読む
気になるあの娘

青山裕企

気になる女の子はいませんか? たとえば、昨日見かけたカフェの店員さん。恥ずかしくて話しかけられないけれど、あの娘の笑った顔がもっと見たい……。そんなあなたの願いを、写真家の青山裕企さんが叶えてくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BB_BiSON https://t.co/btoXuDhlb0 インスタで #メガネ女子 を登録しているとたまに流れてくる女性がいて 約1年前 replyretweetfavorite

bookvillage7tan 大人になるってこういう事なのかな、まだまだ私は子どものようだし、今はまだそれで良い。 この世にいてくれて、ありがとうーー青山裕企、不惑の決意|青山裕企 @yukiao | 2年弱前 replyretweetfavorite

kuma_kuma メガネっ娘、ありがとう https://t.co/1U2LO8hkQu 2年弱前 replyretweetfavorite

pocoapoco0423 ご本人に@がついてたので削除して再投稿。なんだか気持ち悪かったよ、なんでいつも更新情報が配信されるんだ。ケイクス自体やめたろかな。 2年弱前 replyretweetfavorite