赤ちゃんも700万円の借金を背負っている!?

『高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢』の著者・島根玲子さんによると「国が抱えている借金の総額は、883兆円。これは日本が税金で集めているお金のおよそ15年分に相当」するとのこと。これは赤ちゃんから大人まで、国民一人あたり約700万円の借金を背負っているということ。「破産は、人だけじゃなく、国にも実際に起こるのです。日本にとっても他人事ではないかもしれません」……その実態をうかがいます。

3 これからの日本 のはなし ── 一人700万円の借金を背負うわたしたち

日本の財政を家計にたとえてみよう

 これからの日本を考える上で、まずは日本の財政を知ることが大事です。

 そこで、日本のお財布事情をわかりやすく知るために、日本の財政を一般の家庭のお財布にたとえてみましょう。

 一家はお父さんとお母さん、そして子ども1人の3人家族です。一家には毎月33万円の収入があります。そうすると、生活費は33万円におさめたいところですね。あまりギリギリの生活はしたくないし、できればちょっとは貯金もしたいですね。

 それにもかかわらず、一家の生活費は38万円。生活費だけですでに収入をオーバーしています。さらに悪いことに、一家には借金があり、その借金も返さなくてはなりません。借金の返済額はひと月当たり12万円。つまり、生活費と借金の返済を足すと、一家はひと月当たり50万円の支出をしています。

 収入が33万円なのに、50万円の出費となると、足りない分の17万円をどこかから補わなくてはいけません。それが借金です。一家は、毎月借金をしています。来月もまたその次の月も、足りない分のお金を借り続けます。ちなみに月収33万円の人に毎月17万円貸してくれる金融機関なんて、現実世界にはまずありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢

島根玲子

貧困、移民、難民、食料、エネルギー、関税、自由貿易、核兵器……etc.やりすごしている重大問題丸わかり! 元コギャル外交官が明快解説する『高校チュータイ外交官のイチからわかる!国際情勢』から特別連載!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません