物語の鍵を握る一枚の写真。それにすべての答えが詰まっている。

一枚の写真がきっかけで、過去にやってきたと主張する幕田。その写真がいつ、どこで撮られたものなのか? 一同の推理が始まる。


ふたたび場面は、薄暗く廃墟となった喫茶店にうつる。

百鳥ユウカの息子と名乗る幕田は一枚の写真を取り出して彼らの前に差し出した。

「なんだよ、これ」

「ユウカさんじゃない?」

「何よ、私? ちょっとみせてよ」

ユウカが覗き込むのと同時に幕田が言った。

「はい。これは僕が未来から持ってきた唯一のものです。母のうつっている写真。母が大切にしていたアルバムに入っていた一枚です。きっと思い出の場所なんでしょう。この写真をみていたら、いつの間にかこの時代のここへ来てしまったんです」

「これどこだろう?」

高畑は視線だけでユウカに訊ねる。

「え、どこここ? まったく記憶にないんだけど。知らない場所だわ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません