山小屋バイトは自然に癒される?……そんなわけない!

昨年までの10年間、山小屋で働いていた山ガールならぬ小屋ガールの吉玉サキさん。山小屋スタッフの人間模様や悩み、恋などをつづった1話完結のエッセイです。今回は、「山小屋バイトは癒される」という誤解について。実際の山小屋での仕事は、自然に癒される余裕もないほどハード。そんな中、癒しを求めて働きに来たスタッフが癒されたものとは?(毎週木曜日更新)

「こんな大自然の中で働いていたら癒されそうだねぇ」

よくお客様からそう言われる。

雄大な景色、俗世の喧騒から離れた大自然でのんびりスローライフ……。山小屋の暮らしに対して、そんなイメージを持っているのだろう。

お客様が山に癒されるのは、単純に嬉しい。私たちスタッフは、そのために全力で「ゆったりくつろげる山小屋」を演出している。

だけど、山小屋は私たちにとって職場だ。

好きでやっている仕事とはいえ、職場に癒される人なんているだろうか?

少なくとも私は、癒しを感じたことは10年間で一度もない。仕事も仲間も山も大好きだけど、癒されはしないのだ(そもそも癒しを求めていないのでかまわないけど)。

お客様に見えている部分はあくまで山小屋の表の顔。

裏の顔は……戦場と言っても過言ではない。


夏の山小屋はハードワーク

もちろん、山小屋が常に戦場というわけではない。

春と秋は休暇もとれるし、みんなでゆっくりお茶をすることもある。平日であれば、休憩時間に山を歩いたり、ひなたぼっこしたり写真を撮ったり、そういった「山小屋生活のうまみ」を堪能することができる。

そこだけ見ればたしかに、山小屋ライフは癒されそうだ。

けれど、問題は夏。

山小屋は7月~9月が忙しい。特にお客様が多いのは、海の日からお盆までの最盛期と、9月のシルバーウィーク。

その期間は目の回るような忙しさだ。休憩時間は短く、朝から晩までひたすら仕事。夏の忙しい時期、早番は早朝3時からで、仕事が終わるのは夜9時くらい。その間、休憩がトータルで1時間くらいしかとれない日もある。もちろんいつもではないけど、本当に忙しい日はこんな長時間労働になってしまう。休暇ももちろんない(あとでまとめて取得する)。

労働時間が長いうえに業務はすべて立ち仕事で、スタッフは体力的、精神的にボロボロになる。

自然に癒されたくても、小屋から出る時間があまりない。ご来光や夕焼けは仕事の合間に窓から眺める程度。癒される……と言えないこともないけど、疲れのほうが圧倒的に勝っている。

そんな状況でも、お客様はニコニコと「山小屋の仕事は癒されそうでいいねぇ」などと言う。

それは誤解です!

……とは、もちろん言わない。だけど肯定もしたくないので、「へへへ……」と力なく笑って誤魔化してしまう。

まぁ、お客様からそう見えるということは、それだけお客様が山(と山小屋)で癒されているということだ。喜ばしいことじゃないか。別に、わざわざ舞台裏の過酷さを明かして誤解を解く必要もない。

そう、お客様が山小屋の仕事を「癒されそう」と思うのは、まったくもって問題ない。

問題は、癒しを求めて働きに来るスタッフがいることだ。


騙された!? 癒されたくて山小屋に来たのに

「せっかく自然に癒されようと思って山小屋に来たのに、まさか看護師以上にハードワークだなんて。もう、騙された~って感じですよ」

ファニー(あだ名)は、皿を洗いながらおどけたように言った。

36歳の彼女は看護師歴15年。看護の仕事を辞めて、3ヶ月間だけ山小屋に来た。色白でスリムな美人で、性格はサバサバしていて姉御っぽい。

「やっぱりハードかなぁ?」

「ハードですよぉ。休憩は少ないし、せっかく山にいるのに景色見るヒマもないし。早番、午前3時からって何? 3時なんて、朝じゃなくて夜じゃないですか!」

「看護師だって夜勤あるんじゃないの?」

「私のいた福祉施設は夜勤がなかったんです」

「なるほど」

夏はみんな疲れているけど、その中でもファニーの疲れ方は群を抜いていた。

たぶん、もともとあまり体力がないのだろう。疲れてくると目が虚ろになり、顔色が悪くなる。かといって体調が悪いわけではなく、とにかく疲れるらしい。ひどいときは「立っているのもやっと」という感じで壁にもたれて接客をしていた。

「そもそもさ、ファニーはなんで癒されたかったの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pyos2on 「山小屋のみんなに出会って、常識に捉われなくていいんだって気づいたんだよね。」 9ヶ月前 replyretweetfavorite

etozudeyoshida 📷 cakes連載、吉玉サキさんの「 9ヶ月前 replyretweetfavorite

saki_yoshidama この記事は明日の10時まで無料です。疲れてる人、癒しを求めてる人はぜひ読んでください! 10ヶ月前 replyretweetfavorite

tokizo ええ話〜 そしてキャッチ絵が秀逸(笑) 10ヶ月前 replyretweetfavorite