中田敦彦の説教臭さについて

今回取り上げるのは、オリエンタルラジオの中田敦彦。「武勇伝」でブレイク以降、あの手この手で話題を振りまいてきた彼ですが、最近はオリジナルTシャツを販売して「教祖ビジネス」と批判されたり、インタビューでの「良い夫やめる」宣言が物議を醸したりと、以前とは違うブレイクの雰囲気を漂わせています。そんな中田敦彦について、武田砂鉄さんが分析します。

「夫婦のことは夫婦にしかわからない」

「『良い夫』やめました」と宣言したオリエンタルラジオ・中田敦彦に向かう批判について、「夫婦のことは夫婦にしかわからないんだし、他人がとやかく言うことではない」と擁護するファンの声を拾う。結婚したタレントに結婚生活を語らせ、子供を育てるタレントに育児生活を語らせるのはもはや芸能活動の一環になっているし、いわゆるママタレントの方々が渋滞しているように見えるのは、本人の希望というよりも、そのタレントを動かそうとする人たちが、勝手に場所取りをしたり、行列に並んだりしている結果なのかもしれない。逆に、プライベートについて語らないと決めている人が、「私は語らない」という強い意思になってしまっているのがしんどそうだ。別に語らなくてもいいことなのに。

「夫婦のことは夫婦にしかわからないんだし、他人がとやかく言うことではない」。そう思う。それを芸能界に染み渡らせるならば、川崎麻世とカイヤにもその定義を機能させなければならないが、そこですぐに返ってくるのは「いや、あれは、他人にとやかく言われたい人たちでしょう」との意見で、確かにそれもそうなのだろう。だが、組織で働いてみると、結婚や育児について「とやかく言われたい」と「とやかく言われたくない」を自分で操縦するのって、とても難しいことがわかる。自分が結婚した時にはまだサラリーマンだったが、結婚に踏み切った理由とは何だったのかとか、子供は何人くらい欲しいのかとか、踏み込んだ質問をしてくる人があちこちから登場し、その度に「冷たい笑顔×無言」で対応すれば、「深掘りしてくれって合図」と曲解した人がアクセルをふかし始めるのが本当に厄介だった。こちらからあっちのブレーキを踏む術が見つからないので、急いで逃げるしかなかった。

帰る時間くらい連絡したら

自分のことを「老舗メディアにいる最後の革命家」と称し、「我が強く、自己主張が激しい。オレ様気質」(『天才の証明』)と自己分析する中田が、状況を見計らいつつ、いわゆるイクメンブームをひっくり返すような言動をしてくるのはいかにもな選択だが、「夫婦のことは夫婦にしかわからない」し、「他人がとやかく言うことではない」ので、ひとまず黙ろうとは思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k5t1s2_3 最後の章部分を明日読めなくなるうちにみんな読め!!!! 7ヶ月前 replyretweetfavorite

Neishan48 さいごの一刺し(笑)。  7ヶ月前 replyretweetfavorite

ogawatam 😺“こちら、受け手が望む共感や熱狂をベースに物書きをしていないので、死ぬこと以外はかすり傷などと豪語できるはずもなく” 7ヶ月前 replyretweetfavorite

tonsoku0722 ネトウヨ界隈には賞賛されてたな。 7ヶ月前 replyretweetfavorite