温故知新!伝統工芸と島の特産品【宝島①】

島好き最後の聖地「トカラ列島」のかつてないエッセイ&ガイド『トカラ列島秘境さんぽ』より、島の魅力をお届けする連載。
宝島の特産品、バナナ。伝統工芸×特産品の合わせ技で新商品開発中です!

絶海の孤島の産業革命?!


「今もずっと、自分が絵本の中にいる感覚がするんだよね」
お日さまのような笑顔で話してくれたのは、「シェアハウス宝島※1のトシエさん。1歳ぐらいのお子さんを腕に抱えながら。約18年ぶりの移住者として、旦那さんの功さんと宝島にやって来て数年、今や3人の子どもを育てるパワフルママだ。

ここは、トカラ列島最南端の宝島(たからじま)。フェリーとしまの入港時、デッキに出ると強烈なインパクトで目に飛び込んでくるものがある。カラフルで大きな大きな港の壁画だ。宇宙人のような魚やドラえもんに出てくる21世紀のような建物など、まるで未来都市の竜宮城のよう。集落に向かうため、壁画の前を通ると、異世界の物語の中にワープするような気分になる。ちょっと他の島では味わえない高揚感。トシエさんの言う「絵本の中にいる感覚」に似ているのかもしれない。

そして、もう一つの異世界感。それは港にベビーカーを押した若いママたちと、そのまわりを大はしゃぎしながら駆け回る未就学児の多さ。10人ぐらいのママ、15人ぐらいの子ども(未就学児)。数字にすると、内地の都市よりはるかに少ない。だが、ココは日本最後の秘境と呼ばれるトカラ列島。過疎化が進む絶海の孤島の一つだ。そんな島に平成27年、なんと保育園ができたのである。小学校存続すらも危ぶまれ、山海留学制度をとっている島もある中、保育園がつぶれる……のではなく、新たにできたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

トカラ列島の魅力を凝縮!

トカラ列島 秘境さんぽ

松鳥 むう
西日本出版社
2018-07-26

この連載について

初回を読む
島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ

松鳥むう

島好きイラストエッセイスト・松鳥むうがおくる、かつてないトカラ列島ガイド&エッセイ! 『島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ』より抜粋し、まだまだ知られていない日本の離島を紹介します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

muumatutori 【お仕事/連載】cakesで連載中の拙著『トカラ列島秘境さんぽ』からの抜粋連載。今回はトカラ列島最南端の「宝島」のお話。本当に「宝島」って名前なんだよー☆ https://t.co/6d06EmhuRf 2年弱前 replyretweetfavorite