#11 一獲千金狙いでアートが人気 日本の美大にも留学生が急増

志願倍率が100~200倍にもなる超狭き門の中国の美術大学。今年3月、中国・山東省にある美大の入学試験に約6400人の受験生たちが集まり、広大な試験会場を埋め尽くした写真が話題を呼んだ。経済の発展に伴い、今や中国ではアートに対する人気はうなぎ上りだ。実際、オークション大手のサザビーズやクリスティーズでも、中国人の現代アーティストの作品が億円単位で続々と落札されている。

 志願倍率が100~200倍にもなる超狭き門の中国の美術大学。今年3月、中国・山東省にある美大の入学試験に約6400人の受験生たちが集まり、広大な試験会場を埋め尽くした写真が話題を呼んだ。

 経済の発展に伴い、今や中国ではアートに対する人気はうなぎ上りだ。実際、オークション大手のサザビーズやクリスティーズでも、中国人の現代アーティストの作品が億円単位で続々と落札されている。

 まさに狙いは、一獲千金。起業するよりリスクは小さい上、無名の画家であっても世間で認められれば億万長者になれる可能性があることから、美大は冒頭のようなありさまになっている。

 これでは画家の登竜門である美大にすら、とても受かりそうにない──。そう考える中国の受験生たちが次に目指すのが、日本の美術系予備校であり、日本の美大だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニッポンの中国人 全解明

週刊ダイヤモンド

在日中国人“100万人”時代は間近──。2000年時点で32万人だった在日中国人は、今やその3倍近くにまで膨れ上がった。変わったのは人口だけではない。その中身もまた、多くの日本人のイメージを打ち壊すほどに変貌しているのだ。富裕層から裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません