Q.最愛の彼女と人生を共にするため、自分の弱さを死ぬ気で変えたいのですが…

女性として性を受けながらも、男性でありたいという意識が強く、苦しんできた相談者さん。今は最愛の彼女と一緒に過ごせているものの、むやみに相手を傷つけてしまうそうで……
元メンヘラで現ハッピーリア充のスイスイさんが、変わりたい!と願う人がどうすればいいのか、を考えます。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。
メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、
こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

自分の弱さともう本当に決着をつけたい

相談なのですが、とっちらかりすぎて何から処理をしたらよいのか自分でわからなくなっています。同じことを繰り返し自分を見失って大切な人を失って、もうずっとこんなことを繰り返しています10年ほど。

物心ついたころには、あまりにもあたりまえに自分は男の子だと思っていました。
ある日、自分は女の子だとわかったのだと思うのですが、同時に自分が普通でない、さらにこれは死んでも誰にもバレたくない!と思って、こういった事実や思いごと消し去りたくて、感情をないものにしてきました。

でも、こういった背景から、憧れてしまう男性のことが羨ましいあまり、めちゃくちゃキライという嫉妬があり、心の中では全男滅びて欲しいくらいの感情を持っています。もう昔ほど強く思っていませんが、そのような思いがこびりついている気がします。

でもだからといって本当の男の子になれるわけではないし、女性としても自分を受け入れてないわけでもないというか、そもそももう性別おいてけぼりというか、まぁ私は私。というふうにずっと生きてきて、今ではそこに問題はないと思っています。

これまで、いわゆるノンケの女の子としか付き合ってきていなくて、私と付き合ってはじめて女性と付き合う、私以外は後にも先にも男性という人ばかりで、みんな私自身と向き合ってくれました。
本当に心も容姿も美しくて素晴らしい人ばかりでした。

昔は男の子しか女の子を幸せにできないと思って、うらやましかったし、好きな人を好きになれないと勝手に思っていたりしました。
いまは、そんなふうには全く思っていないのですが、過去にそういった感情で自分自身を苦しめすぎたせいか、次は必ず幸せにする!と思って付き合っても、とんでもなく悲しいお別れになってしまいます。

いま、これから人生を共にしたい恋人がいます。
私は6年同棲し付き合っていた恋人と別れて(この元恋人とも私が別れられなさすぎて、ズルズル6年いて本当に最低なんです私)、いまの恋人と付き合うことになり現在に至ります。

一年前に同じ職場で出会い、贔屓の目をなしにしても、本当に本当に本当に本当に、彼女はめちゃくちゃ可愛くて美人でめちゃくちゃモテます。
そしてめちゃくちゃめちゃくちゃ心が綺麗です。

そんな彼女にどんどん惹かれ、ガンガンアプローチした末に恋人になることができました。

この春、私の転勤についてきてくれて東京で一緒に暮らしています。
この一年で、私の甘えや弱さ、幼さから彼女にたくさん嫌な思いをさせ、さらには今まで喧嘩もしたことない彼女を豹変させてしまうほど怒らせたり、凶暴にさせてしまったりひどい喧嘩をたくさんしてきました。

憧れてしまうような、もしくは彼女が好きそうな男性には本当に心がめちゃくちゃ乱れるので、昔は最低最強に束縛してしまっていました。
いまも形を変えて皮肉や相手が不快になる言葉で傷つけたり嫌な思いをさせてしまいます。

そしてそんな男性たちに彼女がいってしまわないか不安になってしまいます。
彼女の男友達にも妬いてしまうし、彼女の交友関係も不安になったり職場もそうだし、本当に自分がイヤになります。
おかしいってずっと自覚して、考えて、もうずっともがいてます。

私がこんなんじゃ、だれと付き合ってもみんなどっかいってしまいうのはわかっているし、こんな自分がイヤだし本気でなんとかしたいと思ってずっともがいています。

自分の不安やモヤモヤを他人で解消したり、だれかに埋めてもらう、求めてばっかりの自分と本当に決別したいです。
ちゃんと人を愛したいし自分のことを愛したいです。

この一年、本当に色々ありました。
とんでもない喧嘩も多々あり、それでも彼女はいま私といます。

でも今、本気で私が変われないと、またこれまでと同じように別れる結末になってしまいます。

これまでの彼女とはなにもかも違っていて、付き合う前からとにかく誠実で、付き合うことになってから、私に最高の初めてをたくさんくれました。
はじめて恋人の大切な友達に紹介してもらえたこと、あたりまえに手を繋いで歩いてくれること、結婚式をあげたいと言ってくれたこと、数えきれないほど彼女に出会えて、これまで諦めてきたことが叶わないと思っていたことが叶い、現実になっていました。

彼女といたいです。そして、私ももう本当に自分の弱さと決着をつけたいです。

スイスイさん、このように言語化させていただけたこと自体が救いになります。
ありがとうございました。
どうかもしお言葉をいただけるなら、死ぬ気で私変わってみせます。
いやスイスイさんの言葉がなくても、変わってみせます。
でもスイスイさんの言葉が欲しいです。

こんな弱さまるごとばっさり言って欲しいです。

(i・31歳・女・セラピスト→営業・メンヘラ)

死ぬ気で変わらないと、幸せになれない。
だからわたしは変わる! 今年こそ変わる!
と元旦に決意する人はその364日後の大晦日、たいしてなにも変わっていない自分に深い溜息をつく。

その人は《あること》に気づかない限り、何年も何十年もそれを繰り返す。

世にも奇妙なフィクションじゃない。現実によくある話であり、その地獄に私も、かつていた。

変わりたい!と願うすべての、呪いがかかった人たちに読んでほしい今回です。

「死ぬ気で変わらないと幸せになれない」という呪い

今さら改めて発表しますが。
「メンヘラからリア充になりました」という現在の私の、心の中身は、なんとガチメンヘラな時とほとんど変わっていない。変わったのは心の扱い方だけだった。

今も当時と同じように、嫉妬が燃えさかったり、不安が身体中を這い回ったり、怒りで眩暈がしたり、100トンの重石に潰されるくらい落ち込む時が多々ある。
あの頃わたしもあなたと同じく「死ぬ気で生まれ変わらないと不幸なままだ!」と本気で思ってたけど、もしあのままリニューアルオープンのように、自分がガラッと生まれ変わるのを待ち続けてたら、今も手首切って彼氏監禁してたと思う。

気づいてほしい《あること》とは。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suishinryoku1 年明け前に読もう 7ヶ月前 replyretweetfavorite

hqba 【 益々アドラーみが増しているな。しかし、この状況整理能力と文章校正能力には感服。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

6manga6kissor6 "多分、あなたは世界を独自に美化しすぎてる。 それがきっとあなたの良いところなのだけど。" こんなにも冷静で、だけど温かい人生相談。 スイスイ @suisuiayaka 9ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san めちゃくちゃ使える方法。 9ヶ月前 replyretweetfavorite