​「私、おばさんだから」禁止

男性女性限らず、だれでも一度は言われたことがある「私、おばさんだから」。男性が「おじさんだから」と言うこともありますが、それよりも少し卑下したニュアンスで言われることが多いこの言葉。どう答えていいか困った人も多いのではないでしょうか。今回の「ワイングラスのむこう側」は、そんな言葉は禁止しようという林伸次さんによる提言です!

女性は若い頃に帰りたいのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

近所に「オーディション会場」みたいなのが出来たんです。そのオーディションを受ける人たちが、その会場の入り口でたむろしていることがよくあり、その横を毎日のように通るんですが、これがなんとなく苦しいんです。

その中に、未来の大物がいるのだろうとは思うのですが、もちろんほとんどがオーディションに落ちて、そしてフリーターを続けたり、田舎に帰ったりと、色々な挫折が待ってるわけですよね。なんだかそういう雰囲気も伝わってくるんです。若いって大変だなあ、ってその前を通るたびにいつも感じるわけです。

これを読んでいるあなたがいくつなのかわからないのですが、「若い頃に戻りたい」って思いますか? 僕は全く思わないです。あんな不安定で、無自覚に誰かを傷つけたりした時期は二度と味わいたくないです。

僕は今が一番いいし、できればこれから先の自分がもっともっと良い状態であればいいと思ってるんですね。人間ってそうあるべきだと思うし、「若い頃に戻りたい」って考え、全く理解できないんです。

まあでもそれは、僕が男性だからなのでしょうか。女性はやっぱり「若い頃に戻りたい」って感じるのでしょうか。いや、僕の希望としては女性も「今の自分が一番好き。もっともっと先の自分がもっと良いはず」って思ってくれていたら良いなと思います。

なぜ「私、おばさんだから」と言うのか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uosheeran_song この言葉、言われたところで何て返していいか困ってしまう。 それに、私は『今が最高!』っていう生き方を選んでいたいからこの言葉は絶対に使わない。 「私、おばさんだから」禁止|林伸次 @bar_bossa | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

watanabekoma 私は「私、おばあちゃんだから」と言ってます。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

blrm_dancer このセリフ、社交ダンスやっている女性からは聞かないですね。年齢に関係なく素敵な女性がたくさんおられるので> 約1年前 replyretweetfavorite

restart20141201 「私、おばさんだから」禁止|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite