柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第33回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ファミコン時代の名作「UGOコレクション」全十本の移植という大きな依頼を受ける。ただ、実現には大きな障害があった。それは最後のゲーム「Aホークツイン」の権利のみを買い取った開発者の赤瀬裕吾が行方不明なこと。二人が必死に見つけ出した赤瀬は、移植許可の交換条件に「完璧なAホークツイン」の復元を提示。コーギーは復元に挑みながら、プログラマーの道を選んだ自rらの半生を振り返る。
電子書籍文芸誌「yom yom」の人気連載を出張公開!

 遠い異国の地。父親の束縛からの逃亡。コーギーが逃げ込んだ先は、エクスペダイトと名乗る男が、二十人ほどの少年たちを率いる、電脳犯罪集団のアジトだった。
 再開発から取り残された、犯罪者が多く住む地区のビル。そのワンフロアを、エクスペダイトは占拠していた。彼は自身の住む場所のことを、ジャンク屋と呼んでいた。ジャンク屋では少年たちは、短気なエクスペダイトの指示を受けて、客からの様々な依頼をこなす。ハードディスクの解析。スマートフォンからの情報収集。ウェブサイトの攻撃やウイルスの注入。
 住んでいる少年たちは、いずれも家庭に難があり、飛び出してきた者たちだ。父親の暴力。母親の麻薬。両親が死んで身寄りがなくなった者もいた。ジャンク屋の住人たちは、エクスペダイトを親とした一つの家族だった。
 この場所に来て、コーギーの生活は大きく変わった。食事はパンと缶詰とスープが多かった。大きな仕事のあとには特別に肉が振る舞われた。寝床は部屋に詰め込んだ三段ベッド。堅い板に毛布を敷いただけの寝床は、最初はなかなか寝つけずに苦労した。
 エクスペダイトは厳しかったが、仕事がないときは少年たちと一緒にゲームを楽しんだ。不思議な男だった。犯罪者なのに悪ぶったところがなく、高圧的な軍曹のように振る舞うこともあれば、沈思黙考する教師のように子供たちに接することもある。
 エクスペダイトと少年たちが遊ぶのは、ブラウン管テレビに繋いだゲームである。ファミリーコンピュータや、その海外版であるNES。メガドライブや、その北米版であるGENESISなどが多数用意されていた。
「いいかガキども。これは魔法の箱だ。この中には電脳ドラッグばりの娯楽が入ってやがる」
 エクスペダイトは、にやにや笑いながら、指のあいだでカセットをくるくると回す。それが休憩の合図だった。エクスペダイトの台詞が聞こえると、コーギーを含めた少年たちは群がり、コントローラーを奪い合い、古めかしい電子ゲームを堪能した。
 この場所でコーギーは、コンピューターを使った様々な犯罪に関わった。そして、それらを効率よくおこなうためにプログラミングを修得した。機械についての知識も得た。ネットを使ったソーシャルエンジニアリングについても基礎を学んだ。各種技術を独学する方法も教えられた。多くのことを身につけたが、現実世界で使える交渉術は習わなかった。人には向き、不向きがある。エクスペダイトはそう言い、コーギーに向いている能力を徹底的に伸ばした。
 秋になった。壁紙のない部屋。ところどころ割れた窓ガラスは、段ボール箱を千切ったもので塞いでいる。数台並んだブラウン管テレビの一画で、コーギーとエクスペダイトは、同じ画面を見ている。遊んでいるゲームはバトルシティーだ。戦車を操り、二人で協力して司令部を守り、敵の戦車を撃滅していくゲームだ。
 一仕事終えたあとの娯楽の時間。今日は取引先からの依頼で、老舗のショッピングサイトをダウンさせた。FLYという名の金払いのよい組織。ネット上だけでしかやり取りがなく、顔を合わせたことのない集団。こうした仕事をしていると、見ず知らずの顧客は多かった。
「ねえ、エクスペダイトは、なぜ古いゲームばかり遊んでいるの」
 マッピーステージと呼ばれる十面の半ばまでいったところで、コーギーは声をかけた。この頃になると、短気なエクスペダイトとの会話も、上手くできるようになっていた。コツがあるのだ。ゲームをしていて上機嫌のときに話しかければよい。
「理由なんかねえよ」
 そんなはずはない。このジャンク屋には、最新のゲーム機はない。いずれも二、三十年前のものばかりだ。
「でも、なにか切っ掛けぐらいはあるでしょう」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten cakes『レトロゲームファクトリー』最新話公開。レトロゲーム&ミステリ&お仕事小説です。本も出ます。最新33話→ https://t.co/WeA7Iv3fLu 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム 3ヶ月前 replyretweetfavorite