整理整頓】手荷物は「一つ」にまとめる

紛失、ダブルブッキング、確認漏れ……こうしたミスは「気をつけよう」と思うだけでは絶対になくなりません。ミスをなくすためには、「仕組み」を取り入れるべきなのです。好評発売中の書籍『ミスよけ大全』より、明日からすぐ使える「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を紹介! 今回は、忘れ物を防ぐコツをお教えします。

ミスよけ1 手荷物は「一つ」にまとめる

歴代最悪の忘れ物は、新人時代、電車の網棚に載せた「紙袋」をそっくり置き忘れてしまったことです。

終着駅は東京駅。まだ停まっている電車に慌てて戻りましたが、たしかに置いたはずの場所には影も形もない。JRの遺失物受付に泣きついても、結局出てきませんでした。

はじめて始末書を書く羽目になりました。なぜなら、その中に領収書の束が入っていたからです。悪用されたら大変なことになるところでした。

以来、気をつけていることは「手荷物は一つにまとめる」ということです。両手で荷物を持たず、鞄にすべてまとめます。一つにまとめれば置き忘れはなくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読んですぐ、今日から使える!「ミスをなくす仕組み」が満載!

この連載について

初回を読む
ミスよけ大全

中島孝志

「物をよくなくす・忘れる」「遅刻をしてしまう」「話したつもり・聞いたつもりが多い」……。そんな失敗はすべて“簡単に”解決できます! 『ミスよけ大全』の著者中島孝志さんが、明日からすぐ使える「ミスをなくすちょっとした仕組み」を紹介。読む...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません