プロ初ホームランは借り物のバッド! 俗にいう「もっている」男。#9

なぜ日本でもアメリカでも「スーパースター新庄」として活躍できたのか。「スター選手は、『ここでしかない!』という舞台で必ず結果を出す、と新庄さんは言います。第9回は、新庄さんが成功をつかむ人の共通点を教えてくれました。
◆話題沸騰!『わいたこら。』を全文公開【毎週火・木更新】◆

ここまで読んで、どう思った?

もしかしたら、「特別な才能があるからできること」「普通じゃない、ぶっ飛んだヤツのエピソード」なんていうふうに感じた人もいるかもしれない。

たしかに、僕には野球選手としての恵まれた素質はあったと思う。 でも、素質だけなら、僕よりもっとすごい人はいたよ。

僕がプロ野球の世界で成功できたのは、「自分が得意なことは何か」「自分が他の人よりも優れているところは何か」を考えに考えて、そこに集中して、人一倍の努力を続けたから。

バリー・ボンズみたいにホームランをガンガン打てるパワーと打撃センスはなかったけど、自分が「肩」と「足」と「守備」という、圧倒的な武器を持っているのは知っていた。
だから、そこだけは誰にも負けたくなかった。 前にも話したように、僕は人が見ていないところで、ものすごく努力していた。それをわかってもらえると、とても嬉しい。

ただ、それだけじゃ、日本やアメリカで「スーパースター新庄」と呼ばれるだけの活躍はできなかったとも考えている。
どんなに才能に恵まれていても、誰よりも努力しても、やっぱり活躍できない選手がいる。
ものすごい才能を持ったドラフト1位の選手が、一生懸命努力したのに、まったく活躍できなくて、そのまま選手生命を終えることだってあるんだ。

じゃあ、成功できるかできないかを最後に分けるものって、何だろう?
僕はそれを「運があるかどうか」だと思っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「スター新庄」が今、すべてを語る、前代未聞の「しくじり」体験!

この連載について

初回を読む
新庄剛志『わいたこら。』

新庄剛志

テレビ『しくじり先生』で、「20億円を使いこまれていた」と衝撃の告白をし、日本中にセンセーションを起こした新庄剛志さん。失意のどん底で、何を考え、どう乗り越えたのか!? 新庄剛志さんが自身の半生を綴った『わいたこら。』(学研プラス)を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません