#4 民主主義の凄さを中国人に── 政界に飛び込む歌舞伎町案内人

「日本では“性事”も政治も自由に発言できる。もともとは風俗のキャッチだった人間が政治家にもなれる。それが民主主義なんだと、中国の人々に自分の身をもって伝えたい」歌舞伎町案内人の李小牧氏は、恐らく日中で最も名の知れた在日中国人(現在は日本に帰化)だ。

 「日本では“性事”も政治も自由に発言できる。もともとは風俗のキャッチだった人間が政治家にもなれる。それが民主主義なんだと、中国の人々に自分の身をもって伝えたい」

 歌舞伎町案内人の李小牧氏は、恐らく日中で最も名の知れた在日中国人(現在は日本に帰化)だ。

 1960年、中国・湖南省生まれ。若々しいルックスとエネルギッシュなトークは、とても58歳には思えない。歌舞伎町で中国料理店を経営する傍ら、「ニューズウィーク日本版」にコラムを連載。これまでに日中で20冊以上の著書を出版してきた作家としても活躍中だ。

 そして2015年、日本国籍を取得し、新宿区議選に出馬。結果は惜しくも落選となったが、その異色の経歴が日中双方で注目を浴びた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニッポンの中国人 全解明

週刊ダイヤモンド

在日中国人“100万人”時代は間近──。2000年時点で32万人だった在日中国人は、今やその3倍近くにまで膨れ上がった。変わったのは人口だけではない。その中身もまた、多くの日本人のイメージを打ち壊すほどに変貌しているのだ。富裕層から裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません