#3 豊洲にも伸ばされた食指 表舞台に現れた華人富裕層

華僑・華人企業の様相が変わってきている。“日陰の存在”から、本国の経済成長を背景に、正々堂々と表舞台に立つことが増えてきたのだ。実力と富を蓄える彼らの生態とは。

 「東京五輪という絶好のチャンスを“もめ事”のせいで逃してしまうなんて、本当にもったいない──」

 こう嘆くのは、インバウンドビジネスを展開するシーエイチアイの露崎強会長。“もめ事”とは、豊洲新市場の観光施設「千客万来」をめぐり、東京都知事と事業者の交渉が難航した末、着工を五輪後に先送りした件のことだ。

 実は都知事と事業者がもめていた5月、シーエイチアイは同施設の新たな事業者になりたいと要望書を都に提出。事業者と面会し協業を探るなど画策していた。しかし事態は“残念”な結果に。「うちに任せてもらえれば五輪前に施設を完成し、1日1万人を集客できたのに」(露崎氏)と悔しがる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニッポンの中国人 全解明

週刊ダイヤモンド

在日中国人“100万人”時代は間近──。2000年時点で32万人だった在日中国人は、今やその3倍近くにまで膨れ上がった。変わったのは人口だけではない。その中身もまた、多くの日本人のイメージを打ち壊すほどに変貌しているのだ。富裕層から裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません