俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

なにかと騒がしい六本木のあのビルのビアガーデンで味わう「非日常感」

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 かれこれ十数年前、なけなしのカネを握りしめて行った後楽園。酔客で溢れる屋外に燦然と浮かぶリングがあった。オヤジたちや若者の怒声が響くなか、汗を滴らせ、身体をぶつけあう女子プロレスラー。ブレンバスター、ジャンピングニーパット、ジャイアントスイング。派手な技の応酬に、「ギャァァ」「オラァ」「アァァ」、闇夜に響く甲高くせつない声。「戦うビアガーデン」と銘打たれたその店で、妙な興奮を覚えつつ飲んだビールの味が忘れられない。

 たしか新橋の駅前ビルの屋上にあった「ローション相撲」を目玉にしたビアガーデン。金髪のお姉さんが水着でくんずほぐれつする姿に田舎っぺは都会を知った。

 お気に入りだった九段会館。靖国神社と武道館を眺めつつ飲んだ生ビール。早い時間はびっくりするほど客がいなくて、ロケーション的に似つかわしくないバニーガールが、粛々とソーセージ盛りを運ぶのを食い入るように見ていた。

 俺にとってのビアガーデンは「祝祭空間」だ。開放感と相まった怪しさとある種のいかがわしさ……非日常感のなか飲むビールは格別なのだ。しかし、時代(とき)の流れか、「祝祭空間」は次々と過去のものとなってしまった……。

本木のど真ん中で夜景と生ビールを

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード