ある男

ある男(23)

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から「ある男」についての奇妙な相談を受ける。 人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。 「ある男」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。 「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!(毎日10時更新)

 横浜地裁の吹き抜けのロビーで、城戸は終わったばかりの五回目の口頭弁論期日のことで、依頼者の両親と立ち話をしていた。この二年近く取り組んできた過労死の訴訟で、被告の居酒屋チェーンに対する世論の批判も高まっており、和解に向けて動き出しそうな気配だった。

 裁判期日の経過については、このあと、労組も交えた報告会で説明する予定で、今後の方針を改めて確認した。依頼者の父親は、「先生、……」と城戸の目を見た。

「勝ち負けじゃなくて、何があったかを知りたいんです。あの子がどうして、死ぬことになってしまったのか。」

 城戸は、ここに至っての念押しに、「ええ、そうですね。」と、それを理解していることをはっきり示すように頷いた。

 依頼者の父親の、もう八割方、白くなった髪は、額こそ広いものの豊富で、刈り上げできちんと整えられていた。いつもハの字の長い眉の下で、三角定規を二つ並べたような目は、潤んだように光を含んでいる。世論は、この過労死事件に同情的だったが、メディアに映るなり、誰もが不憫に思わずにはいられないこの父親の表情もそれに与っあずかていた。

「一緒にがんばりましょう。いい方向には向かっています。」

 城戸のいつもの決まり文句に、依頼者は特に勇気づけられた風でもなかったが、どちらかというと、この一年間、親しんだその口調に感慨を催した様子だった。

「先生には本当にお世話になりました。最初は、何をどうして良いのか、ただ混乱するばかりでしたけど、どうにか気をしっかりと持っていられたのも、先生のお陰です。裁判で、あの子が帰ってくるわけじゃないですけど。……」

 城戸はその言葉を慎みを以て受け止めつつ、やはり、「がんばりましょう。」しか言わなかった。しかし、決して本心を疑わせないその依頼者の言葉には、心を動かされた。


 城戸はこの日、出がけに駄々をこねて服を着替えようとしない息子を怒鳴りつけ、一日中、気が咎めていた。

 昨日から、妻が大阪に出張中なので、城戸はそうと二人で留守番をしていた。

 夕食はファミレスで済ませ、入浴も就寝も普段と変わらなかったが、今朝、目を覚ますと、リヴィングのテレビで一人で『ドラえもん』の映画のDVDを見ていて、それから、朝食を摂らせようとしても、顔を洗わせようとしても、ずっとだらだらしていた。城戸は、風邪でも引いているのかと最初は心配していたが、熱もなく、本人も体調は悪くないと首を振った。それでも、いつまで経っても食卓につこうとしないので、段々と彼の口調も厳しくなっていった。

 城戸は、今朝は九時半に一つ約束があり、時計を見ながら気が急いていた。

 颯太がどことなく不安定なのは、この二週間ほどのことだった。もんの宿題をやらないとおりが叱りつけるので、元々、過熱気味の幼児教育に否定的な城戸は、「足し算なんて、どうせそのうち出来るようになるんだから、今そこまでしてやる必要はない。」と息子を庇い、口論になった。子供の教育問題が、意外に根深い夫婦の不仲の原因であることは、離婚相談でよく知っていたが、それにしても、この程度の話し合いさえ静かに出来ないというのは真面まともではなかった。城戸の見るところ、香織自身も、習いごとの送り迎えに疲弊していたが、いたわるつもりで言ったそのことが、火に油を注いでしまった。そして、颯太は母親から余計に酷く叱りつけられることとなった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ある男

平野 啓一郎
文藝春秋
2018-09-28

コルク

この連載について

初回を読む
ある男

平野啓一郎

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。 弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません