秋の香りとうまみがいっぱいの「呑めるマッシュルームごはん」

今回の「ポルトガル食堂」は、秋の「米で呑む」シリーズ第二弾、「呑めるマッシュルームごはん」です。旬のきのこであるマッシュルームをたっぷりいれて炊き込んだ一皿。引き立つ香りとうまみに、お酒も止まらなくなりそうです!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

からっとひんやりした空気、早まる夕暮れ。秋はとくに、呑みたくなる季節。夏の間は白ばかりであまり赤ワインに手が伸びなかった人も、そろそろ赤を、という感じになってくるはず。お酒も、純米のぬる燗が心地よくなってくる。というわけで前回に続き、呑めるごはんものをご紹介して参ります。

今回はきのこのごはんです。しいたけもまいたけもマッシュルームもなんて安いんだろうと、きのこ好きにはたまらないこの時期。もうずっと秋ならいいのに。いや、ずっと秋だと飽きちゃうか。とにかく、こんなにきのこが安くておいしいんだから、きのことごはんだけでシンプルに呑めるごはんをご紹介します。

使うのはぷっくり丸く太ったマッシュルーム。繊細な白でも、香りの良いブラウンでも好きな方で構いません。それより大事なことは、鮮度。できれば買ったその日に調理して欲しい。裏のカサ部分が開いていないのが新しい証拠。食物繊維が多いとかミネラル豊富というのはもちろん、林野庁のデータによると、きのこには免疫力を高めるβグルカンという成分もあるそうですので、お疲れ気味の人にもお勧めしたい。私ももりもり食べよう。 では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「呑めるマッシュルームごはん」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihhx_xx_y こちらのレシピhttps://t.co/9iO5gepAiL をうろ覚えで。作り始めてから白ワインビネガーがないことに気付いてバルサミコ酢とリンゴ酢を混ぜてみた。代用になったかどうかはわからない!イタリアンパセリもないので乾燥パセ… https://t.co/TPxftCZHHl 7ヶ月前 replyretweetfavorite

nakotic レシピメモ。: 7ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada 今日は散歩がてらマッシュルーム買おう! 7ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada こちらからも、どうぞ! https://t.co/kuMLbv7Yjt 7ヶ月前 replyretweetfavorite