緊急寄稿】551よ、東京に支店を出すべし!&京都美味い店ガイド

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は、特別編として、京都に住んでいた頃に樋口さんが通いこんだグルメスポットの紹介と、関西限定の肉まんの名店・「511蓬莱」への愛情をお伝えします!

オラは愕然とした。長蛇の列を見て—。

2018年10月9日。渋谷東急の8階催事場で、551蓬莱(通称「ごごいち」)が6日間の期間限定ながら出店すると知り、駆けつけてみたものの、オラは立ち尽くしてしまった。

3連休の間は1時間待ちとネットで知り、そこは避けた。

なのに、なのに。

平日の14時にもかかわらず、100人は並んでいるではないか。

僕(「オラ」が続くとうざいので早々にやめます)はその日所用があったため、行列に加わることはできなかった。目の前に551があるのに断念せざるを得なかった。

ああ。ああ。

「さっきからおまえ大袈裟なんだよ」と思う人は多いだろう。 生まれてからずっと関東圏にしか住んでいない人は特に。

僕も40を過ぎて関西に遊びに行くようになるまで、551を食べたことがなかった。

551蓬莱。通称551。

とにかく肉まん(関西では豚まん)、しゅうまい、焼き餃子、甘酢だんごが安くて美味い。

551はポリシーがあって、冷凍したものやスーパーでの販売はやらない。いつも出来たての味を楽しんでもらうため、厨房と直結した販売店でしかない。

関西全域に60以上の店舗があるのに、東京にも北海道にも東北にも名古屋にも四国にも九州にもない。

つまり、「551が食いたきゃ関西に住め」状態なのだ。

551の豚まんを知ってからというもの、コンビニの肉まんでは満足できなくなった。

東京にある、名店と言われる店の肉まんもいくつか食べたけどダメ。
高いわりにたいしたことない。551の豚まんは2個入りで340円だぞ。

あんな美味いものを、関西人はふらっと気軽に食べられる日常があるのか。いいなあ。

頼む。東京に出店してくれ。絶対(←僕はこの言葉を滅多に使わない)成功するから。なんなら店のオーナーにもなるし株主になってもいい。

そんなことを考えていたら関西メシが懐かしくなってきた。

上京した関西人が「東京はまずくて高い店ばかり」とボヤくのを苦々しい気持ちで聞いてきたけど、あれ本当だったわ。

たった2年半しか京都に住んでいなかった僕でも今ではそう感じる。

東京に戻ってきて1年、オラ(やっぱり戻った)に足りないのは関西メシだ!

次から次へと脳内で再生するからオマエらついてこい!
絶対、美味い店を写真付きで教えたる!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naosukebe 通称「ごごいち」ってとこだけ分からない→ 2年弱前 replyretweetfavorite

aoi_tsumu ほんま勘弁して…洋食も中華も関西がいちばんおいしいねん。江戸前寿司とそばは関東ですけど。 2年弱前 replyretweetfavorite

h_uta 551美味しいよね。 2年弱前 replyretweetfavorite

shigekey 「551が食いたきゃ関西に住め」 |樋口毅宏| 2年弱前 replyretweetfavorite