ケイクス通信

ケイクス通信2013年6月21日(金)号

本日金曜日はケイクスオリジナルコンテンツの更新日です。今日はマンガ家の久保ミツロウさんと、芸人兼音楽家のマキタスポーツさんのスペシャル対談が掲載。この日本社会を良くするヒントは「ボケ」? 堀江貴文さんのミリオンセラープロジェクトも進行中! 東浩紀さんの連載は「福島第一原発観光地化計画」の真意について。久住昌之さんの朝湯は、読んだら仕事をしたくなくなるかも!?

●特別連載

cakes編集部「一億総ボケ社会を目指して」
表現者が守るべき「ご機嫌さ」—久保ミツロウ×マキタスポーツ対談【第1回】

『モテキ』(講談社)、『アゲイン!!』(講談社)などのヒット作を世に送り出したマンガ家としてだけでなく、テレビやラジオのレギュラ―なども持つ久保ミツロウさん。お笑い芸人に留まらず、ミュージシャンや役者としても活躍しているマキタスポーツさん。枠にとらわれることなく、様々な領域を横断的に活躍している二人の表現者が初めて対談を行いました。「ツッコミ」が蔓延している今の日本をぶった切る全3回。初回を無料公開です!


●連載

cakes編集部「堀江貴文ミリオンセラープロジェクト」
なぜ堀江貴文は誤解されるのか?—堀江貴文ミリオンセラープロジェクト公開会議まとめ第2回

堀江貴文ミリオンセラープロジェクト第2回ニコ生公開会議はご覧いただけましたか?
今回も、営業からライターまで、いろいろな立場で本に関わる人が集合。堀江さんの本をミリオンセラーにするための、そして堀江さんのメッセージを世に広く伝えるためのキーワードとは?
見逃してしまったあなたも、このまとめ記事でキャッチアップしてくださいね!

青山裕企 meets 美少女図鑑「彼女写真 in 金沢」
金沢編【第21回】河原でのひととき

暖かい日差しとは対照的に涼しげな表情を見せる彼女。何か考え込んでいるのかな?なんて思っていると、突然河原の石で遊び始めました。何にでも興味を持つ彼女を見ていると、こっちが元気をもらえます。

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第34回 驚異のシグマ(後編)

7月にソフトバンククリエイティブから書籍化が決まった結城さんの連載は、ますます絶好調! 今回も前回に続いてΣ(シグマ)のお話です。Σ攻略のヒントは、Σが足し算を表しているんだということをしっかり理解すること。でも、+という記号があるのにΣはなんで必要なの? そんなテトラちゃんの疑問に「僕」は悩んでしまいます。困ったときのミルカさんも登場の後編です!

東浩紀「検索ワードを探す旅」
チェルノブイリで見たものは【後編】

旅する評論家・東浩紀さんによる連載放談。今回はチェルノブイリへ取材に行ってきました。1986年の事故から27年が過ぎた今、すでに風化が始まりつつある現地で、著者が見たものとは。「情報への欲望」つまり「検索の欲望」と身体の関係について。"自分"や"目的"探しではなく、新たな"検索ワード"を探す旅へ。PR誌「星星峡」(幻冬舎)で人気を博する連載が、ついに検索できるようになりました!

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第二十回・茄子

好きなお酒はビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、ラム、ジン……お酒に対しては博愛主義者の佐藤和歌子さんがお届けするショートコラムです。おいしい夏野菜は数あれど、初夏だったらやっぱり茄子。自宅で茄子を揚げていたら、油はねで手に水ぶくれができてしまった佐藤さんの茄子愛とは……?

久住昌之「ふらっと朝湯酒」
【第二回】燕湯と御徒町食堂(後編)

TVドラマ「孤独のグルメ」でお馴染み、原作者の久住昌之が次に題材にしたのは、「朝湯酒」。第1話ということで、早起きして朝風呂で有名な燕湯に向かうが、すでに中は賑わっているご様子。果たして、早起きした甲斐はあり!? TVドラマ「孤独のグルメ」のおまけコーナー「ふらっとQUSUMI」を思わせるシーンが盛りだくさん!! 「風呂」×「グルメ」の痛快エッセイ!

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
【第39回】黒田勇樹が、日常に出会った「非日常な一コマ」を収録した動画を公開

普通に日常を過ごしているだけなのに、なぜか非日常な人々や出来事に遭遇することが多いという黒田勇樹さん。最近、公園でぼんやりするのが好きとのことですが、今回の原稿は公園で黒田さんが遭遇した一コマを録音したもの。……やっぱり天然モノの破壊力って、すごいですよね。日常に刺激が欲しいというみなさんに、激しくオススメしたい一本です。

仲田晃司「ワイン通信・ブルゴーニュの村から」
【第16回】生産者たちとのふだんのおつきあい

今回は、仲田さんが生産者さんたちとふだんどのように交流をしているのかを、特別にご紹介。フランスのひとびとの人付き合い、話題はどんなものなのか……?
のぞき見をするような感覚でご覧ください!

青井サンマ「嵐の聴きかた」
【第20回】十組十色のコンビ(萌え)その2山とにのあい編

勝手気ままに嵐の楽しみ方をご提供する「嵐の聴きかた」。前回から始まった「コンビ(萌え)」をご解説。今回は大野・櫻井の「山コンビ」、二宮・相葉の「にのあい」のご紹介です。真面目かつイチャイチャな「山コンビ」、ボケ・ツッコミ満載の相思相愛コンビ「にのあい」。もっと嵐の(萌え)を熟知して、どっぷりしっかり嵐ワールドに浸かっていきましょう。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第38回】髪が長いとモテる?
フェル先生のさわやか人生相談、今回はわりとライトなお悩みが多め……? いやいや、ライトに見えても、当人にとっては深刻な問題だったりするんです。あなたも「人にバカにされそうだけど……」と躊躇していないで、ぜひともフェル先生にご相談くださいね。フェル先生のお言葉も見逃さずに!

佐々木敦「『ピストルズ』文庫化記念阿部和重インタビュー」
芥川賞は失敗だった?—阿部和重インタビュー 3/5

芥川賞を受賞した『グランド・フィナーレ』を書いたのは「失敗」だった? 衝撃の発言が飛び交う、評論家佐々木敦さんによる『ピストルズ』文庫化記念インタビュー第3回目。全5回のインタビューの中間地点にあたる今回では、阿部和重が『ピストルズ』を軸に自身の作風について語るとともに、代表作と呼ばれる『グランド・フィナーレ』に抱く思いを明らかにします。次回のインタビューは、6/25(火)に公開予定です!

清水英斗「居酒屋サッカー論 ~誰でもわかる深いサッカーの観方~」
【第13回】なぜ、日本はイタリアを圧倒し、負けてしまったのか?

今回もブラジルから臨時更新!テーマは6/20に行われた日本×イタリア戦、歴史的な熱戦を振り返ります!強豪イタリアを圧倒した日本サッカーには、本当に感動させられました。そのプレーは、スタジアムのブラジル人を熱狂させたほど。でも、試合が終わってみると、4失点で敗北。どうして、日本は、イタリアを圧倒しながらも、負けてしまったのでしょうか。スタジアムの熱狂をお伝えしながら、日本が何を考えどうプレーしたか、そして、日本の課題を解説します。

二村ヒトシ「キモい男、ウザい女。」
第20回  実 録 老 婆 顔 面 騎 乗 【あるキモい男の半生 ⑧】

異性の性器を、はじめて見たのはいつだったか覚えてますか? そう、今回のAV監督の二村ヒトシさんの連載テーマは、ずばり「女性器の想い出」。「小さいときから、漫画などに載っている女性器の模写をおこなっていた」という二村さんが、小学生のときに至近距離で対峙した「女性器」の想い出とは……?

●ショートショートケイクス

編集Rがちょこちょこ弊社新オフィスのことを紹介しているようなので、わたくし編集Dもご紹介させていただければと思います。

弊社のオフィスの大きな特徴の一つは、壁がホワイトボードになっていることです!

広いボードを利用して打ち合わせすることができます。頭がこんがらがっても、描いて図にすると整理できていいですよね。

こういう業務連絡とか、

こんなお知らせも。会社の壁の至る所がホワイトボードだからなせる技。

もちろん時にはこんな使い方も。そして、

今は会社のみんなの似顔絵も描いています。もう少しで完成なので、出来上がったら裏社員紹介としてこちらでお知らせいたしますね♪

ちょっと見てみたい? わかりました、こちらをお読みの方にほんの一部分だけお見せしちゃいます。火曜日担当編集Rの無慈悲な似顔絵です。

はい、というわけで今週はここまで。みなさま良い週末をお過ごしください。

(金曜担当編集D)

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

die_kuma 次は原永さんですよ! 5年以上前 replyretweetfavorite

junkey 打ち合わせの時にホワイトボードの後ろに何か書いてあるなと思ったら、、 5年以上前 replyretweetfavorite