柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第32回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ファミコン時代の名作「UGOコレクション」全十本の移植という大きな依頼を受ける。ただ、実現には大きな障害があった。それは最後のゲーム「Aホークツイン」の権利のみを買い取った開発者の赤瀬裕吾が行方不明なこと。二人が必死に見つけ出した赤瀬は、移植許可の交換条件に「完璧なAホークツイン」の復元を提示。コーギーは復元に挑むが……。
電子書籍文芸誌「yom yom」の人気連載を出張公開!

「よし、遊んでみよう。俺が青のホークにする。ナナ、おまえは赤な」
「分かった」
 二人は画面に集中する。灰江田はスタートボタンを押してゲームを開始した。
 以前のAホークツインは、淡々と敵を倒していくゲームだった。そのシンプルなゲームに、ロックオンと子機獲得という要素が加わった。また、合体タイミングという戦略性も増えた。灰江田とナナは「いまだ」「まだだ」「合体」と叫びながらゲームを進めていく。
「俺が砲塔役をするから、おまえから合体してこい」
「いやよ、私が攻撃したいもの」
「おまえの子機、一機しかいなくて、しょぼいじゃねえか。俺はきっちりと二機いる。攻撃力は、俺の方が上だ」
「なんか、命令されているみたいで、むかつく」
「うわああ。おまえが合体してくれないから、中ボスでやられたじゃねえか」
「なによ、あんたから私に合体してくればいいじゃないの」
 爆発音が響いたあと、ゲームオーバーの音楽が流れる。ゲームは盛り上がったが、一面の途中で、二人は全滅してしまった。
「あーあ、灰江田さんが、私の言うことを聞かないから負けちゃったわ」
「逆だろう。ナナが、こっちの話を無視するから、合体タイミングを逃したんだろうが」
 ひとしきり互いに責任をなすりつけ合ったあと、灰江田はコーギーに顔を向けた。
「おい、コーギー。この修正版Aホークツイン、プレイヤーに有利な機能が増えただけでなく、敵も強くなっているじゃねえか」
「はい。敵の出現数や弾の数などが変わっています。赤瀬さんは、様々な機能を外したあと、敵を弱くしてバランス調整したようですね。なので、この修正版では、こちらが強くなった分、敵もパワーアップしています」
「まあ、そりゃあそうだよな。同じままだと敵が弱すぎるからな」
 灰江田は納得した口振りで言う。コーギーはうなずき、表情を引き締めた。
「移植については、二人協力プレイを、携帯ゲーム機やスマートフォンで実現する必要があります。通信機能を入れると工数がかさみます。とはいえ、許諾さえ取れれば移植料の半額は前払いしてくれる。そう山崎さんがおっしゃっていましたから、どうにかなると思います」
 コーギーは技術的なことを語りだす。その話を聞いたあと灰江田は、コーギーの肩を叩いた。
「しかしまあ、よくここまで復元したな。偉いぞコーギー、そして鈴原さん。よっしゃあ、今日は祝杯だ」
 灰江田が盛り上がり、ナナが歓声を上げる。そこにサトシが声をかけてきた。
「ねえ、僕にもやらせてよ」
 サトシは、コイン型クッキーの皿とともにやって来る。
「おっ、おまえも興味があるのか。それじゃあ、俺と一緒にやろう」
 灰江田はリセットして、サトシとともにふたたびゲームに挑む。ナナと違い、サトシは灰江田のプレイをアシストすることに専念する。灰江田は二機のホークを合体させて、一面のボスを撃破した。
「うぉー、ナナと違って、滅茶苦茶プレイしやすいぜ」
「悪かったわね」
  ナナが、口を曲げて言う。サトシは皿に手を伸ばして、クッキーをかじる。ステージ間の真っ黒な画面が終了して、二面が始まった。サトシは、急に興味を失った顔になり、ナナにゲームパッドを渡す。
「もういいよ」
 サトシはカウンターに戻り、UGOブランドの一本であるサブウェイシューターを始めた。その様子を見た灰江田は、呆気にとられた様子で、サトシのもとまで歩いていく。
「おいおい、サトシ。続きはプレイしなくていいのかよ」
「うん。見たいところは見られたから。僕は、もう少しUGOブランドの他のゲームを遊んでみるよ」
「そうかよ」
 腑に落ちないといった顔のまま、灰江田は答える。
 どうして、途中でゲームをやめたのか。コーギーはサトシのもとまで近づき、プレイの様子を観察する。サトシはスマートフォンに大きく時計を表示させて、画面と見比べている。なにか気になることがあるのか。自分が復活させたAホークツインは、完全なものではないのか。コーギーはサトシを見ながら疑問を持った。

 夜になった。閉店の時刻になり、店内はコーギーとナナの二人だけになった。静枝と三田村は、すでに引き上げている。灰江田はサトシを送りに行っている。古いゲームが整然と並ぶ店内は、往事の玩具店を連想させた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten cakes『レトロゲームファクトリー』最新話公開。レトロゲーム&ミステリ&お仕事小説です。読んで下さいね。最新32話→ https://t.co/zDyvmFSIpP 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム 5ヶ月前 replyretweetfavorite