女性は都度報告をされないと、男性が何もしてないと考える

池崎はこれまで抱えてきた不満を初めて正直に語った。

ユウカに裏切られても、ユウカのことがまだ好きだという池崎。

男らしいのか、現実を見たくないだけなのか……。彼は思いつめたような表情をしている。

「じゃあ、池崎さん母と結婚してください」

幕田の言葉に対しての池崎の反応はある意味予想通りのものだった。

「……それは……できない」

「なんでですか? 嫌いになれないんでしょ?」

幕田の疑問に対しては答えず、池崎はユウカの方をみて自分の正直な気持ちを語った。

「考えてみて。ユウカさん。僕がしおりさんとライブに行ったことだけでも怒ってたじゃない」

「うん、そうね」ユウカはこともなげに答える

「……なのに、ユウカさんは別の男とライブに行く以上のことやってるのに、なんで僕が許せると思う? 
僕はあれからしおりさんと距離を置くようにしてたし、他の女性からの誘いも断ってた。
母にも結婚できるように、フォローのメールしたり電話をしたりしてたんだ。
毎朝早く仕事に行くのだって、少しでも早くユウカさんと結婚してユウカさんを安心させたいと思ったからだよ。
だってお金もない、仕事も半人前、そんな状態で結婚しても、良い未来があるわけないじゃない。
ユウカさんはきっと、あれが欲しい、これが欲しい、結婚式はこうじゃないと嫌だって言うだろう? 
それを叶えてあげるのが、男の甲斐性だと思ったんだよ。
だから今回のことは、僕としては本当に悔しかったし、気持ちが元に戻るなんて自分でもわからないよ。でもこうも思うんだよ。
……僕がユウカさんをつなぎとめられなかったのは僕にそこまで魅力がなかったからって。だから、仕方がないと思うよ」

最初はユウカを責めるようなテンションで始まったが、最後は自分を責める言葉で終わった。池崎らしい考え方だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nrva8iwlgctd #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite