​”天才”は「自分との戦い」をしない

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「努力を技術化し、天才的成果を上げるためのメソッド」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

自分との戦いよりもライバルとの戦いを

 前回、ピアノよりも習字のほうが努力を続けられた、と述べました。

 ピアノと習字の違いは、進級という制度の他にもありました。それは、私の場合、ピアノの練習は個人レッスンでしたが、習字教室は妹と一緒に通っていたことです。

 私にとって、これがもっとも大きかったと思います。つまり、身近にライバルがいたのです。

 妹が習字教室に行くというと、たとえ行きたくなくとも、私も一緒に行かないわけにはいきません。行かないと妹に差をつけられてしまいます。

「妹には負けたくない」

 そう思って、「私も一緒に行く」といって、ともに教室に向かいました。

 何かをやり続けるうえで、こういったライバルという存在は必要不可欠だと思います。浅田真央選手とキム・ヨナ選手、羽生善治棋士と森内俊之棋士といったように、何かに努力をし続ける際に、ライバルがいるというのはとても心強いのです。

 このような「競争」があることは、効率的に自分自身を高めていくには、都合がいいのです。

 私は中学校まで北海道の公立中学校にいましたが、定期試験でダントツのトップなどではなく、いつも僅差で競うようなライバルがいました。

 同学年に秀才といわれる男の子がいました。彼は「ガリ勉」といわれることをものともしない強靱な精神の持主で、休み時間にも友達と話すこともなく参考書を読んでいました。なんだかんだで人の目を気にしがちだった私にとっては、尊敬もし羨ましくもあり、私が明確に意識していたライバルでした。

 そして、ライバルのことを具体的に思い浮かべると、がぜん本気になれるというか、一生懸命になれることに気付きました。テスト前、ちょっとのんびりして、テレビを見たりすることもあります。すると、頭の片隅に、私が休んでいる間に、こつこつと勉強を続けている彼の姿が浮かんできます。そうするともうテレビには逆に集中できなくなります。

 そして、私は、そそくさとテレビのスイッチを消して、机に向かうのです。

 これは、社会人になってからも同じです。財務省に入った際に、同じ局に配属された同期の男性とは、仕事の愚痴を言い合ったり、なぐさめ合ったりする仲でした。しかし、夜遅くまで仕事をして、今日終わらせられるかもしれないけど、疲れたから明日にまわそうと思うことがあっても、横で彼がまだ働いているのを見ると、「彼がまだ頑張っているのだから、私も頑張れる」と思え、もうひと踏ん張りできたのです。

  ライバルが必要であること。これは何も人間に限ったことではありません。

 競走馬を見ていてもわかります。どのレースも、すべてのサラブレッドは、他の馬より前に出ようとしています。もちろん、サラブレッドが競技に勝つことで利益を得るのはむしろ人間です。それでも、それぞれのサラブレッドは、他の馬より鼻先でも前に出ようとするのです。これは、競争性がその本能にすり込まれているからなのだそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載が一冊にまとまった新書判

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

1426_yuki ”天才”は「自分との戦い」をしない #SmartNews https://t.co/qs2zrRbsE4 10ヶ月前 replyretweetfavorite

holon2191 ”天才”は「自分との戦い」をしない| 10ヶ月前 replyretweetfavorite

oikawaHOWEVER 自分が成長できるような環境に身を置くこと、そういった環境を作ることが成長には必要ですね。何より、「こういう環境の方が自分は成長できる」と、客観的に自分を理解していることが大切ですよね。 https://t.co/touuXby26t 10ヶ月前 replyretweetfavorite