5歳の娘が僕に対しておこなう謎の評価

強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の爆笑エピソードをお届けするこの連載。今回は、今年で5歳になった昆布山葵さんの娘さんのお話です。

「僕とバアちゃんと家族の話」と銘打っておきながら今までバアちゃんの話しかしていないので、今回は僕の愛するについてお話したいと思う。

今年で5歳になった娘は、底抜けにポジティブだ。
「可愛い」というワードが聞こえると自分のことだと思って振り向くし、友達に意地悪されても「もしかして○○ちゃん、私のことが好きすぎてつい意地悪を…?」とか言い出す。
僕がこれまでの人生で出会った人間のなかでも最も楽しそうに生きているポジティブの化身。ポジティブという言葉を擬人化したような存在。それがうちの娘である。

また、娘はとにかく「褒める」ということに長けている。
自分のことも褒めるし、家族や友達のこともひたすら褒めて褒めて褒めまくる。

「ママはとっても可愛いね!」

「ばぁばはいつも優しいね!」

「みきちゃんはダンスの天才だね!」

「たっくんはゾンビと戦っても勝てるね!」

人間、どんな小さなことでも褒められると嬉しいものだ。
明らかに無茶ぶりされているたっくんを除いて、娘に褒められた人は皆笑顔になってしまう。 きっと娘も「褒めるとみんなが笑ってくれる」と分かっているのだろう。

もちろん、娘は父親である僕のことも褒めてくれる。 「お仕事がんばってて偉いね!」とか「お料理が上手だね!」とか、日常の動作ひとつひとつに賞賛が送られる。

この間なんか、野菜炒めを食べていただけなのに5分くらい褒められた。

「えぇっ!?パパは野菜も全部食べられるの!?」

「うそでしょ…!?キャベツまで…?パパすごすぎ…!天才…!?」

「私のパパはタマネギも食べられるスーパーお父さんだったのか…!?」

正直飯食ってるから静かにしてほしいと思うこともあるけれども、まぁ褒められてるのだから悪い気はしない。 いい気になって「すごいだろ?お察しの通りパパは天才なんだよ」と返事をしておいた。しかし娘は直後に顔を曇らせて、こんなことを言い出した。

「…でも、いくらパパでも鬼には勝てないだろうね…」

なんの話?

なんか知らんが、急に鬼と比較された。 いやまぁ…そりゃ鬼には勝てないだろうけれども、いくらなんでも話が飛躍しすぎじゃないだろうか。

「パパは強いんだぞ!」からの「でも鬼には勝てないだろうね」ならまだわかるけど。
「パパはお野菜を残しません」からの「でも鬼には勝てないだろうね」は急カーブすぎない?

意味は全くわからなかったけど、とりあえずその日は鬼のくだりを聞かなかったことにした。

それから数日後… 僕が自宅で筋トレをしていると、例のごとく娘が近づいてきて「すごい!パパは筋肉モリモリなんだね!?」と褒め始めた。 息切れしながら「ハイハイ…筋肉モリモリですよ…」と生返事をすると、またもや娘の顔が曇る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕とバアちゃんと家族の話

昆布山葵

noteで話題になった「僕のバアちゃんが物理的に除霊を行った話」の作者・昆布山葵さんによる書き下ろしエッセイ!強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の愉快なエピソードをお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konbuwasabi cakesの連載、今週は「」でございます!無料で読めますのでぜひ! https://t.co/qboIeOxHLE 約2年前 replyretweetfavorite