平成30年間のJ-POP

ユニコーンでバンドの再結成を格好よくする

J-POPの数々の楽曲で日本の音楽シーンを支えてきたキーボーディスト・斎藤有太さんと、ユニコーンのメンバーとして、音楽プロデューサーとして、ソロアーティストとして日本の音楽を開拓してきたABEDONさん。大反響の対談、第四回はバンドの再結成について語ります。(聞き手、構成:柴那典)

再結成のイメージを格好よくするという課題があった

—2009年にはユニコーンが再結成します。当時のインタビューでABEDONさんは「今の音楽業界は面白くない」と仰っていたんですが、それはどういう感覚だったんでしょうか?

ABEDON それはね、僕がつまらない、面白くないと思ってたわけじゃないんですよ。僕の周りにいたミュージシャンがどんどんクビになっていって、それが気の毒だったんですよね。だから僕が代弁して「面白くない」と言っていたんです。僕は面白かったんですけど(笑)。

斎藤有太(以下、斎藤) アベくんはいつも楽しんでるからね(笑)。

—ABEDONさんとしては、90年代に活動した時とは全く違う視点と発想を持ってユニコーンを再始動したと思うんです。それ以後、ミュージシャンとしての意識や感覚はどう変わりましたか?

ABEDON 年をとるのはいいなと思いました。やっぱり、いろんな場所を経験するとちょっとずつ人の気持ちがわかってくる。「この人はこういう考えでいいんだ」ということを認められるようになる。それは大きかったですね。音楽なんていろんなやり方があるわけで、その人はそういう風にやっていていいんだっていうのがわかるようになった。

—以前はそうではなかった。

ABEDON 若い時は乱暴だからね。20代の時は、自分の音楽が一番格好いいと思って、それ以外は除外しようとしていた。それはつまり、自分が弱いからなんですよ。

—それまでプロデューサーや裏方の立場にいたわけですが、ユニコーンを再結成したことで、再びテレビやフェスの表舞台に立つようになったわけですよね。そこはいかがでしょうか。

ABEDON それは、ユニコーンを再びやる上で目標としていたことがあったので、それに向かって進んでいったということです。40代になったので、また一つ自分なりに目標を立てていたんですね。自分から表に出ようと思っていたわけじゃないけど、それによって自分の目標が達成されるんだったらそうしよう、と。

—それはどういう目標だったんですか?

ABEDON まず、自分の一番近い人と仲良くするということ。それはつまりバンドなんですけど。あと、当時再結成というのがすごく格好悪いことだったんですよ。特にセックス・ピストルズの再結成とか、なかなか格好いい感じじゃなかったので。それを格好よくするという課題があった。

斎藤 たしかに自分が若いときに聴いてた洋楽のバンドの再結成って、いいイメージがなかったよね。どうしても最初のエネルギーを失ってしまう感じがした。そこはなかなか難しいよね。

ABEDON 難しいんですよ。結局は同窓会と一緒だから。あと、もう一つ考えたのが、経済効果。新聞に載るとか、そういうことも考えましたね。だから、進んで人前に出たいわけでもなかったけど、露出は仕方がないかなって。目的があったから。


斎藤有太 ニューアルバム「The Band Goes On」
(ダラシナレコード/Sony Music Artists)

ミュージシャンが40代、50代になっても音楽を続けられるために
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
平成30年間のJ-POP

ABEDON /斎藤有太

年号が平成になったのとほぼ同時期に、「ニューミュージック」から呼び名が変わることで「J-POP」は誕生しました。90年代に入ると、バブル崩壊も関係ないかのようにミリオンセラー作品が多数生まれました。テクノロジーの進化で制作環境も視聴環...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

UNIQUNIQUNIQ と思ったら第4回が課金制なのね https://t.co/uPeUjmj7ih 約1年前 replyretweetfavorite

BobTicket 客観的に、冷静に自分達を見れるプロデューサー気質だねー。いかに楽しむか一貫性がある。しか… https://t.co/TyuRUMAQTe 約1年前 replyretweetfavorite

riemink 第4回も読み応え十分。目的を達成するための道すじが的確な言葉で綴られていて、すごく読みやすかったです。 約1年前 replyretweetfavorite

mametta1911 「ミュージシャンが40代、50代になっても音楽を続けられる業界じゃなきゃいけないと思って」 …この人がいてくれて本当に良かったな。 https://t.co/Um7uXmwpOf 約1年前 replyretweetfavorite