九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【うなぎパイ】

「浜名湖の西生まれなの」彼女は電話で、タニシのように言った。
抱けば抱くほどフジツボでわたしの体が切れた。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 幾千の夢見るうなぎの粉末をうなぎの寝床形に焼いたパイ


 会った時には既に、ミクの体の半分がフジツボだった。

「ごめんね……」

 ミクの膝の傷口から入ったフジツボは今、彼女の体を乗っ取ろうとしている。

 でも彼女は「入院」をしていない。

 どこも受け入れてくれないのだ。

 ミクママは、泣いていた。「初めてです。ミクのこの体を見て逃げなかった人は」

 わたしはミクママに言うべきかどうか悩んで、言わなかった。

 四ヶ月前に死んだ兄の死ぬ一ヶ月前が、ちょうどこんな感じだった。

 兄の場合は、鼻の傷口からだったけれど。


 ずっとTwitterでのやり取りだった。

 ミクのハンドルネームはnagisaだった。

 ミクは同性愛者で、わたしは異性愛者だった。

 わたしは、会社の先輩との結婚を控えていた。

 けれど、ミクとTwitterで「話せ」ば話すほど、自分が性欲で汚れた生物に感じられて。

 わたしは婚約を破棄した。

「おめでとう」のカードと共に、ミクからうなぎパイが送られてきた。

「浜名湖の西生まれなの」彼女は電話で、タニシのように言った。


 それから半年後に、わたしはミクの実家で、死ぬ一ヶ月前のミクと会ったのだ。

 ミクの彼女は音信不通になってしまったそうだ。

 わたしは彼女と性交した。

 抱けば抱くほどフジツボでわたしの体が切れた。

 辛うじてミクの乳頭と膣はフジツボに侵されていなかった。

 わたしは舌先で丹念に乳頭を、指で膣を愛撫した。

 ミクは温かな渚になった。

 一ヶ月後、ミクは兄同様、フジツボの塊として死んだ。


 わたしは供養としてミクからもらったうなぎパイを食べた。

 ほろほろと、欠片がわたしの腿の間にこぼれる。

 化石って、みんな元有機物なんだ……。

 知ってたけど。

 ほろほろと、こぼれる。

 小田原の動物園で見たホロホロ鳥のことを思い出す。

 羽根がほろほろ舞っていた。


 わたしは、ミクを愛撫した舌先の傷口からフジツボになり始めた。

 病院を探すつもりもない。

 舌がすべてフジツボになってしまう前に、うなぎパイを食べ終えなければならない。

 喜怒哀楽がだんだん薄くなってゆき、渚のイメージで脳が満ちてゆく。

 満ち潮と引き潮は、月の引力のせいではなく、フジツボになった恋人たちの、魂の揺らぎたちなのだ。


 フジツボは肉を欲してめり込んで支配して共に崩壊してく



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.52(2018年10月号)[雑誌]

三宅陽一郎,金子竣,知念実希人,青崎有吾,千街晶之,飯豊まりえ,九螺ささら,恒川光太郎,米原幸佑,辻村深月,乾緑郎,青柳碧人,垣谷美雨,中山七里,門井慶喜,武田綾乃,宮木あや子,最果タヒ,ふみふみこ,小林エリコ,新納翔,カレー沢薫,トミヤマユキコ,手塚マキ,柚木麻子,吉川トリコ,はるな檸檬,新井久幸
新潮社
2018-09-21

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません