ずるいよね、女ばっかり守られて」

今年の夏、"ナンパ塾"をうたう組織・リアルナンパアカデミーの塾長と塾生が、女性に性的暴行をしたとして逮捕されました。牧村さんはこの事件について深く考え、「わたしが女性に警戒されるような自分だったらどうだったろうか」と想像します。「痛いほどの孤独がわたしを刺す」という牧村さんの言葉には、どんな想いがこめられているのでしょうか。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

午後10時、横浜・みなとみらい駅。

4番出口はSFの宇宙船の廊下みたいな細い四角い閉鎖的ルートをずっとずっとずっと歩いてちょっと右折して、エレベーターのドアしかない死角で待って上がって出るという隠し通路みたいな作りになっている。午後10時ともなると、大観覧車もショッピングモールも営業終了した街に、わざわざ出て行こうという人はとても少ない。

わたしは歩いていた。帰宅の人混みを逆流していた。人混みを抜けやがて、隠し通路・4番出口のルートに入った。すっと人がいなくなる。明かりがやたらと明るい。人混みのガヤガヤ楽しそうな声が、足音が、後ろに遠のいていき、目の前にはただ、リクルートスーツの女の人ひとり。長い通路に、彼女とわたし。コツコツ、彼女のパンプスの足音が響いた。わたしの足音はスニーカーだから、静かだ。

喧騒が遠のいていく。パンプスがコツコツ響く。目の前の女性が歩調を早めた。つられてわたしも歩調を早めた。わたしの足音が少し大きくなる。右に曲がる角が目前に迫る。あの角を曲がれば、わたしたちは人混みから見えなくなる……。

女性が右折した。その瞬間、ちらりとわたしを見た。その人はわたしが女性であることを見てとって、すこしほっとしたようだった。わたしはその女性とエレベーターを待ち、ふたりで、エレベーターに乗った。地下二階から一階へ、少しの沈黙。その沈黙の間、こんな想いにとらわれた。

この人は、わたしが男性だったらエレベーターに同乗しただろうか?
わたしは、この人が男性だったらエレベーターに同乗しただろうか?

2018年9月。信号待ちしていた歩行者の女性をバーに誘い、ダーツで負かして罰ゲームと称して大量の酒を飲まそうと思ったけど結局女性が強すぎて勝てなかったので、イカサマUNOで負かして飲ませ性的暴行に及んだ疑いで、“ナンパ塾”をうたう組織・リアルナンパアカデミーの塾長と塾生が逮捕された(時事通信)。

塾長・渡部泰介容疑者は、容疑を否認。報道陣に対して中指を立ててみせた(AbemaTIMES)。

中指立てておきながらもサングラスとマスクで顔を隠して下を向いている、彼の姿を見て、胸が痛くなった。言葉を探した上で、誤解を恐れずに言えば、わたしのこの胸の痛みはどうしても、さみしさ、としか言いようのないものだ。

たぶん、だけど。 おそらく渡部容疑者は……40代男性として生きる渡部容疑者は、きっと、見たことがないのだろう。夜道で、電車で、エレベーターで、みなとみらい駅4番出口で、(ああ。こんなとこで気配がして怖かったけど女の人だった、よかった)と、女が女に見せる、あのほっとした表情を……。

「女好き」を名乗り、「10年以上ナンパの最先端にいます」と自称し、プロフィールページにモザイクをかけた自分と何十人もの女性の写真を並べて「この女の子達のほとんどとSEXしています」と黄色ラインマーカー付きで書く40代男性。

そんな彼に向けられてきた、女性たちの視線を想像している。

渡部容疑者のツイートを追うと、今回の逮捕について、「自分は悪くない。女が悪い。社会が悪い」と考えている様子がうかがい知れる。塾生が逮捕され警察の捜査が進んでいた2018年6月下旬、彼は「女の言い分だけで有罪にされる」というような発言を繰り返している。


渡部さん、女が憎いんでしょう?

女好きを自称し、わたしを女扱いする男性と話すとき、わたしは彼らの中に、こういう声を聞くことがある。

「ずるいよ、女ばっかり守られて。弱者ぶって、被害者ぶって、言い分を聞いてもらえて、同情してもらえて、ちやほやしてもらえて、おごってもらえて、運転してもらえて、レディースデーがあって、女性専用車両もあって、可愛く甘えることが許されて、セックスでは気持ちよくしてもらう方で……女ばっかり守られて!!」

憎悪と、羨望と、寂寥。女を「女」としてしか見られない。それぞれ違った個性を持つ人々とどれだけ出会ったとしても、相手が「女」に見えたというだけで、セックスした回数の数字にまとめてしまう。人間を前にした時、相手が「女」に見えたというだけで、人間なのに「女」としてしか見られなくなる。ただ人間と人間として向き合うことが難しくなる。人を孤立させる濃い霧のような憎悪と、羨望と、寂寥が、わたしをも窒息させる。女を愛する女のわたしをも、窒息させる。

女を愛する女として、わたしは引き裂かれるような気持ちでいる。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nununu14sai ほぼほぼ女になりきってみても、女じゃない方=男っぽい私が9:1くらいで存在する"ジェンダー男の私"のことが、愛しいし恨めしい。女として好きな女の子のことを、男の私が見ているとき吐き気すらする。ンゴねぇ…牧村朝子さん…https://t.co/FHqwT4oUxm 9ヶ月前 replyretweetfavorite

tomotomo1987 牧村さんのこの記事、読んでいてつらいんですが…… 質問者さんのような被害意識を生むコストをお互い考えずに、「女性から人間扱い」されて接してくれることの(フェミニンなシス女性が持つ)特権的な問題というか…… https://t.co/I3zWD0w3vi 11ヶ月前 replyretweetfavorite

hidemasainonaka 男や女というカテゴリーではなくもっと広い人間として一人一人と向き合うことの重要さを教えてもらいました。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

34colorchoice79 同性だからの安心感、嬉しさってどこが原因なんだろうな 夜行バスで隣の席の人もお… https://t.co/HWO5wv0Aj5 11ヶ月前 replyretweetfavorite